「 スカイライン 」一覧

スポーツセダンとしてすっかり上級車種になってしまったスカイライン。V36はデザインからスポーツ色を強めてきていますが、どちらかというと落ち着いて街中を流すのが似合っているイメージはぬぐえません。

しかし、実際に整備して細かなパーツに目を通すと、見えない部分にめちゃくちゃお金がかかっている車。足回りのパーツに手抜かりがなく、日産がお金かけて作ったフラッグシップのベース車とも言えるものでオーナーになってからの満足度は高いものでした。

V36型スカイラインは中古車市場は手ごろな価格で落ち着いているため、扱いやすく走行性能の高い車に乗ってみたいなら「買い」の車ですね。

V36スカイラインの下取りは低い!買い取り業者と48万差が出た話

V36スカイラインの下取りは低い!買い取り業者と48万差が出た話

V36スカイラインを手放したときの話。当時まだディーラー勤めで、自分で車の査定をして自社基準で下取り価格を算出したところ、73万円と予想通りかなり低い数値。社員だからといって色が付くわけでもありませんので、悪あがきをしてネットで一括査定に申し込んでみたのです。

スポンサーリンク