ケンウッドのドライブレコーダーDRV-830はシンプルで使いやすい

万が一の事故の際、有効な証拠映像を残すためにケンウッドDRV-830ドライブレコーダーを搭載しました。

非常にシンプルで使いやすく、ドライブレコーダーとしての性能、国内メーカー製である安心感を備えたモデルとしてとても満足しています。

実際に使ってみたインプレや購入動機などをまとめてみました。

スポンサーリンク

ケンウッドDRV-830を購入するにあたって重視したこと

今回ドライブレコーダーを購入するにあたり考慮したのは、

  • シンプルで使いやすく複雑な設定が必要ない機種である
  • カメラが200万画素以上でHD撮影が可能なモデルである
  • トラブルが少なく一定の販売実績のあるメーカー品

この手の機械に弱い妻が乗る車だったこともあり、操作性のシンプルさを最も重視しました。機能が充実すればするほど細かな設定が必要な機種もあるので、できるだけそのまま使えるもの。

あとはいざ撮影できてもナンバーが不明だと全く意味がない事故のケースもあります。以前自動車保険の仕事をしていたときに、当て逃げされたけどナンバーの詳細が分からないために警察も取り合ってくれなかったケースがありました。できるだけ鮮明に記録を残せる解像度は重視しました。

また、海外製の非常に安いモデルも多数出ていますが、やはり故障などのトラブルには慎重になります。ただでさえ振動が多くて高温になる車内で、いざというときに故障して録画できていないでは意味がありません。ある程度販売数が出ているモデルで、できるだけ口コミをチェックして検討しました。

こうして最終的に候補に残ったのが、ケンウッドのドライブレコーダーDRV-830となったのです。

DRV-830の操作性とドラレコとしての性能を見る

取りつけできれば自動的に録画が始まるので手間いらず

取り付けてキーをオンにすると、即座に画面が立ち上がって録画が始まります。

あらかじめ推奨値で設定されているため、やることと言えば撮影範囲が適切になるように本体の位置を調整することくらい。

SDカードさえ入れ忘れなければ勝手に撮影し、事故など衝撃を受けたことを感知してSDカードに記録されていきます。

時間の設定もGPSが勝手にやってくれていた

運転手の見ている景色+αワイドに撮影してくれている

説明書を見ると時計の設定をしないといけないとありましたが、電源を入れればGPSを受信して勝手に時計を合わせてくれます。5分ほどでナビの時計と同じ時間が表示されました。

細かな設定をしないといけないのは、運転補助機能のON/OFF設定くらいでした。

液晶画面はタッチパネルではありませんが、ボタンの数も少なく直感的に操作できてしまいます。1台の車を家族数人で乗る機会があるような状況では分かりやすいのが一番です。

SDカードは16GBのマイクロSDが付属します。通勤とか買い物で使う程度なら十分ですが、長距離ドライブで使用したり、車載動画を撮ったりするなら容量の大きいものを買いましょう。カード搭載スロットも2か所あって合計すれば最長53時間の録画ができるのもポイントです。

静止画の撮影もボタン一つでできてとてもスムーズ

静止画の撮影機能も分かりやすく、最も手の届きやすい側面下のボタンを押すだけで写真撮影可能。カシャっと音がしますので撮影できたかどうかもすぐにわかります。動作がサクサクなので一切ストレスないのはいいですね。

標準ではシガーソケットからの電源のみなので注意

ケンウッドDRV-830は標準ではシガーソケットの電源を取るための配線しか同梱されていません。普通に使う分にはこれでも十分で、配線さえうまくまとめられれば取り付けも容易です。

ただ、電源ソケットが使えなくなるのでスマホの充電機器を接続していた場合は使えなくなります。ソケットの搭載位置によっては取り付け困難で、特にボックス内にソケットがある車種は穴をあけて配線を通すか蓋を開けたまま妥協する必要もあります。

駐車中の監視機能もあるのですが、こちらは別売りの配線キットを購入して車体から電源を取らなければ動作しません。これはもったいないことです。

配線を隠しつつ、DRV-830が持つ機能を最大限に生かしたいのであれば、別途配線キットを購入して取り付けることをおすすめします。

まとめ

ケンウッドDRV-830はシンプルで使いやすいドラレコとして買ってよかったです。細かいこと考えず、取り付けてすぐ使えるのは分かりやすい

画質は200万画素と2018年時点のドライブレコーダーとしては高解像度。映像にも問題なく、本体が視界を遮ることもない。格安品と比べると価格は相応にしますが、いざというときに故障してもらっても困るものなので価格面であまり妥協するものではないと思っています。

ドライブレコーダーを装着してみて、事故の際に記録映像を残せるという機能的側面とは別に、自分自身の運転も記録されているという意識的な変化を得るに至りました。

相手の無謀な運転や事故状況が分かるのはもちろん、自分の運転も問題があるようでは不名誉な記録が残ることになります。自身の運転も見直し、安全運転への意識を高めるという点でもドライブレコーダーは良いものだと感じています。

参考:ケンウッドDRV-830公式プロモーションページ

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク