コムテックドライブレコーダーZDR-015の夜間撮影性能は十分か

2カメラを実装でき、評判も良いコムテックZDR-015ドライブレコーダーを購入して取り付けました。

取り付けた車種はNV350キャラバン。ほぼ釣りにいくために使っている趣味全開の車です。

今回ドライブレコーダーを装着するにあたり色々検討をしましたが、私は早朝・夜間の運転頻度が高く、夜間の視認性に優れたドライブレコーダーを探していました。

ZDR-015はナイトビジョンモードを搭載し、夜間の撮影精度も高めているとしています。前後をカバーする2カメラ仕様でもあり、ドライブレコーダーの恩恵を最大限生かしたいなら十分すぎるスペックを持っているモデルです。

まずドライブレコーダーを購入するに当たり、比較検討をした機種について触れます。

スポンサーリンク

夜間撮影性能に優れたカメラ搭載のドラレコを比較

コムテックのZDR-015はナイトビジョン搭載であることを明記しており、夜間にヘッドライトを当てたときの白みを抑え、ナンバープレートの数字も写りやすくなっているという点に興味を持ちました。


コムテック公式:ZDR-015プロモーションサイト

前後2カメラセットで搭載でき、夜の見難さによる接触事故や飲酒運転などでの追突事故にあったときも役立つと考えました。

ユピテルSN-SV70cは夜間特化モデルで魅力的

比較検討したのはユピテル超広画角174°夜間特化ドライブレコーダー SN-SV70c

こちらは夜間特化というだけあって視認性に期待できます。ユピテルスーパーナイトビジョンの解説サイト

公式が出している映像通りに撮影できれば、暗い場所での駐車監視や、ナンバーが見えにくい状況でも鮮明に記録出来て性能として申し分ないです。

スペックは魅力的ですが、先に見た2カメラのコムテックに興味が惹かれます。夜間運転でこそ飲酒・居眠りによる追突トラブルが増えることを予測すると後方カメラがあるのはメリットに思えるからです。後ろの撮影が可能になることで、煽り運転に対する防御や抑止力にもなると考えます。

コムテック上位機種はナイトビジョンは重視されていない?

コムテックZDR-015の上位モデルであるHDR-352GHPでは、ナイトビジョンの設定が見当たりません。映像の処理的には問題ないと思いますが、車載動画を見る限りではZDR-015のほうが明るく周囲の状況が分かりやすく撮影されているのが分かります。

HDR-352GHPは国内生産モデルであり、同社レーダー探知機との連携など機能は充実していますが、レーダーも持っていないし、当初の目的とコスパを考えてZDR-015の購入に至りました。

※同時に妻の車にもドラレコを買いました。こちらは日中の運転メインであるのと、使いやすく操作しやすいことを考慮してケンウッド社のドラレコを設置しました。直感的操作ができて使いやすいケンウッドのドラレコインプレはこちら

コムテックZDR-015の撮影性能インプレ

メーカーのスペックをチェックしてZDR-015を購入したのですが、やはり自分で見てみないことには分からないもの。購入前に気になっていたことや、懸念していたことを実験してリアルな性能を検証してみました。

日中の見やすさは問題なく2カメラの恩恵を感じられる

日中の撮影に関してはもはや特段気になる部分はありません。映像も綺麗だし、運転席に座った自分の目線よりやや引いた感じの広角で撮影されます。

死角から追突してくるような事故の状況も分かりやすく撮影されていると思います。

ビューワーソフトで見るとこのように映像をチェックできます。GPSのデータとも連動しており、どこを走っていたのが映像とリンクして地図が動いていくので分かりやすいですね。

疑問:リアスモークガラス越しでも問題なく撮影できるのか??

購入前に疑問としてあったのは、後方カメラの撮影精度です。カメラは車内に設置するため、濃いスモークを貼ったプライバシーガラスを採用した車の場合、スモーク越しでもきれいな映像が撮れるのかという不安でした。

撮影した映像を見る限り、昼間は問題はなさそう。

しかし、夜になると映像がぼやけてしまっており鮮明とはいいがたいです。

後ろを追随してくる車の挙動は分かるので良しとしたいところですが、スモークガラス越しとなると厳しいかも。

私はメーカー純正のプライバシーガラスですのでそこまで真っ黒ではありません。スモークフィルムを重ねて完全に外部から見えないようにしているような場合には移り方は変わるかもしれませんのでご注意を。

夜間の認識度合いはどうか?ナイトビジョンの性能を確認

重視していたナイトビジョンの精度について、色々な状況で運転をしてみて映像をチェックしてみることにしました。

夜の運転は光源が多い街中ばかりとは限りません。暗い田舎道や住宅街での視認性は気になるところ。ネットの口コミなどでもナイトビジョンは使えないという意見があったため、どれくらい実用性があるかを確かめてみました。

夜間の市街地を走る際のナンバーの撮影精度

夜間の光源が多い市街地を走る場合、ナンバーがどれくらいくっきり写るかを見てみました。最近はヘッドライトがLEDやディスチャージのものも増え、明かりが反射することなく記録できるかの検証です。

写真ではナンバーを伏せていますが、伏せないと分かってしまうくらいには近くを走る車のナンバーが記録出来ています。夜間の街灯がそこそこある状況では全く問題ありません。

街灯すらない暗い田舎道での撮影精度はどれくらいか

私は田舎道を走ることが多いので、極めて光源の少ない農道や、一般の住宅街などでどれくらいくっきり撮影できているかをチェックしました。

見ての通り全く明かりの無い、ヘッドライト頼みの状況です。

車のライトの明るさにもよりますが、これでもなんとか撮影できているのは立派。

ちなみに後方カメラはこんな感じ。どうしてもスモーク越しだとぼやけるようで、光源がない田舎道だとぼんやりとした映像しか残りません。おかま掘られるくらい接近されればナンバーは見えますが、できる限りガラスは普段から綺麗にしておく必要ありそうですね。

ナイトビジョンは万能ではないが実用性は感じられた

決して過信はできず、不鮮明にならざるを得ない状況もあることが分かりましたが、現状の後付けタイプのカメラではこれ位が妥協点ではないかと思います。

夜は気が抜けた運転をする人も多くなり、いまだ飲酒による事故や居眠りなども無くなりません。何が起こるか分からない世の中万が一の備えは必要です。自動車保険も値段上がってるし、それだけリスクは増えていることに他ならないから。

複雑化する自動車事故トラブルに対する投資

ドライブレコーダーは前々から考えつつ重い腰を上げて装着に至りましたが、装着してよかったと思います。交通事故のトラブルは一度こじれれば長期化することがあり、私の親が交差点で車対車の事故をしたケースでは3年たった今も解決に至っていない事例などあります。現場の状況をきっちり残し、お互い言い逃れ出来ない証拠でスムーズな解決を図るためには必要な投資です。

ドライブレコーダーはたくさんの種類が出ています。機能にも違いがあるので、自身の運転状況や走る場所なども考慮しつつ、コスパの高いものを選んでみてほしいと思います。


後方を写すカメラを室内用に割り切ったHDR-951GWは取り付けが手軽で、後方のリアル映像にこだわらなければこれもアリ

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク