トヨタ車を買うなら中古車は損する!?トヨタ車は新車で買うべき理由

もし私がトヨタの車を買うのであれば、間違いなく新車で注文をするでしょう。例え手持ちの予算がなくても、中古車では買いません。ローンを組んででも新車で注文します。

トヨタ車を買うなら新車に限る。

こう言うと、変な持論を展開する評論家か?と思われますが、このような考えを持つ理由をこれからまとめていきます。

まず初めに、トヨタの車が壊れやすいとか、中古車で買うとトラブルが多いというような理由ではありません。むしろ故障が少なく、誰が乗っても安定して乗れるクオリティがあるからこそ、これだけ多くの人に受け入れられている自動車メーカーともいえます。

しかし、逆にトヨタ車の人気がありすぎるのがよろしくない場合もあるのです。

トヨタ車を中古では買わないとする理由

トヨタの車を中古で買わないとする最大の理由は、価格で損をすることが多いからです。損というと言い過ぎですが、程度に見合っただけの対価を得られないといいましょうか。

まず、中古車のお話を少ししましょう。

中古車というのは、基本的に決まった値段がありません。メーカーからいくらで売りなさいと規制されているものではなく、中古車販売する人が自由に値段をつけられるわけです。

中古車の値段は、需要と供給で概ね決定されます

需要とは、トヨタ車に乗りたい人がどれだけいるか。トヨタ車の人気度を表します。

供給はどれだけの車が市場に流れているか?在庫がどれだけ多いか?というものです。

この辺はモノの値段が決まる基本みたいな部分なのでサラッと流しますが、要は人気があって在庫が少ないほど中古車の値段が上がり、人気がなく在庫が多いほど売れないから安くなっていくのが中古車の市場です。

話をトヨタに戻すと、トヨタの車はメチャクチャ人気があります。新車が出れば、注文が殺到して納期が半年待ちとかよく聞く話です。乗りたい人はそこら中にいるわけです。

これは新車に限らず、中古車市場でも同じ。

トヨタの中古車に乗りたい人は実際に非常に多いです。人気があるということは、トヨタ車を安売りしなくても売れますから値段が上がります。

また今は車を長く乗る人が増えたため、中古車の在庫が品薄で、程度の良い車が入庫しずらくなっているという背景があります。在庫がなければ、少ない車を多くの人で奪い合いになるわけですから、ここでもまた価格があがります。

つまり、本来の中古車のコンディションに見合っていない価格設定された車が、トヨタ車には非常に多いのです。これが初めに書いた、「価値に見合った対価を得られない」とする理由です。

競合メーカーで似た車がある場合には顕著

特にこの傾向が顕著なのが、競合他社で同じクラスの車種が設定されているもの。

  • ハイエースと日産キャラバン
  • アルファードと日産エルグランド、ホンダエリシオン
  • クラウンと日産フーガ、ホンダレジェンド
  • マークXと日産スカイライン、ホンダアコード
  • プリウスとホンダのハイブリッド車

などなど多くの車種で、トヨタ車は圧倒的シェアを誇り、人気を総なめしています。

こうした車は、新車で買うときの価格はほぼ同じような設定になっています。

たとえば、トヨタと日産で、同じ300万で売っている同クラスの新車があったとしましょう。

これが5年乗って、それぞれほぼ同じコンディションで売りに出すときには、

  • トヨタ車は200万の値が付く
  • 日産車は150万しかつかない

こうしたことは珍しい話ではありません。決して極端な例ではなく、実際に起こっている話なのです。

いざ、中古車で車を買うとなると、同じ車格で、同じくらいのコンディションであった場合にはトヨタ車は割り高になり、競合の車は程度の良い車を安く買えるということになるわけです。

これは本当にトヨタ車天晴だと思いますよ。ブランドの価値、車の価値、耐久性、デザインなどなど、車の評価をする項目は多岐にありますが、答えは明確に市場に出てきていますからね。

裏を返せば、新車で買えば数年後に手放すときに、非常に高値で売れる可能性があるということいもなります。リセールバリューが良いのがトヨタ車の強みでもあるわけです。

車に対するこだわりは人それぞれなので、この辺で話は締めたいと思いますが、車を取り巻く市場を広く見ることは大切。こだわりがないならば、ぜひ本来の価値はどうなのか??という部分に目を向けると、違う考え方が生まれると思います。

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク