NV350キャラバンの防音と断熱に必要な素材と準備

NV350キャラバンいじりの定番として、車内を快適に過ごすための防音・遮音、断熱をしていきます。特にレジャーユースとして使う場合にはまず手を入れたい部分。なにせベースが商用車ですから、内装はペラペラで騒音対策は最低限しかされていません

ディーゼルエンジンの大きな音に加え、走行中のロードノイズ、鉄板を伝わる熱気や冷たさは、運転者と同乗者の疲労になるものです。

今まで乗ってきた車にも何台か同じ改造は施してきましたが、今回はその集大成。ちょっとお金をかけて色々な素材を用意して、適材適所に施工をしていきたいと考えました。

準備編として、NV350に使う素材をまずはリストアップしてみました。

ルーフの雨音対策としてレアルシルト

積水化学のレアルシルトという素材。

鉄板に張り付けることで振動を抑制する「制振材」であり、主にルーフに使ってパンパンうるさい雨音対策に使います。売られている制振材の中では厚みがあり、評価も高い定番の素材となっています。

ルーフの断熱として銀マットか住宅用断熱材

ルーフの断熱対策として、銀マットを用意。

なぜ銀マットかというと、あまり重量物を天井に増やしたくないのと、ルーフとルーフトリムのクリアランスが少ない箇所があるためです。

アルミ素材はこれだけでも遮熱効果があるため、簡易的ですが今回は全面に施工します。

ルーフ断熱と防音にシンサレート

ルーフの断熱の補助として、シンサレートという素材を使います。

こちらは吸音材として使われることが多く、無駄なノイズを吸収して騒音対策にもなります。社内の内装のカバー裏などに純正でも採用されることのある素材。自動車メーカーが採用するくらい、静音に優れた素材であることが分かります。

断熱作用にも優れるため、ルーフトリムに貼り付けて使うことで、先述のアルミシートを補完する目的です。

パーツの擦れやきしみ音対策にエプトシーラー

発砲ゴムの素材である、エプトシーラー。低反発マットのようにゆっくりと変形して元に戻る復元力があるため、パーツ同士が合わさるような場所できしみ音対策として使えます。

主に内張りに貼り付けて、振動で擦れて異音が出るのを防ぐ目的です。

クォーターパネル防音にレアルシルトアブソーブ

ちょっと奮発して買ったのが、レアルシルトアブソーブ

ルーフの制振で使ったレアルシルトに、スポンジ状の吸音材が貼り付けられた素材です。

制振と吸音の2つを兼ねる優秀な素材ですが、厚みがあるため施工箇所を選ぶのが難点。

使いどころは、ドアの内部の空間、クォーターパネル内部の空間など、「箱状」になっている場所に設置することでノイズ対策します。

タイヤハウスの防音・制振にレジェットレックス

ブチルゴムとアルミを組み合わせた高比重制振材が、レジェットレックス。レアルシルトとよく比較される素材です。

接着面がブチルゴムなので、なるべく目立たないリアタイヤハウスの制振と防音に使います。

レアルシルトより厚みも比重も落ちますが、局面でも馴染みやすい点と、価格が安いためこちらも使っていきます。

エンジンルームの防音にエーモン静音計画

ディーゼルエンジン特有のガラガラしたノッキング音と、湧き上がってくる熱を低減するために、エンジンカバーにはエーモンの静音計画を施工します。

運転席周りパネルの防音に鉛シート・テープ

非常に重量がある鉛シート。鉛は比重が極めて高く、高密度なために音を遮る「遮音材」として使います。

遮音ですから最大騒音減となるエンジンからの音を遮るのが目的。主に運転席と助手席の下の鉄板部分を覆うことで、音そのものを小さくするのが狙い。ただし非常に重いのであまり多用はしたくない素材です。

フロアの防音にオトナシート

名前がヤケクソ感ありますが、ロングセラーで支持されているオトナシート

まるでアスファルトのようと言われる黒いシートで、制振と防音を兼ねる素材。天井には使えないのと、重量もあるため主にフロアの防音として使います。

カッター台紙・ローラーカッター・ノギス

素材を場所に合わせたサイズにカットするためのツール。ハサミでも十分切れるのですが、ささくれになったりして綺麗に切れません。ホームセンターでも買えるので、持っておくときれいに仕上がります。

作業用保護メガネ

作業用として3Mからでている保護メガネ。特に車の内装や天井をいじるときは、不意に金属片などが落ちてくる可能性もゼロではないのです。目を守るためにもメガネはあるといいですね。これはLEDライトも付いていて、夜でもちょっとした作業ができるので重宝しています。

コンセプトは個人の限界に挑戦

せっかくNV350キャラバンオーナーになるわけで、箱バンならではのDIYは楽しまなきゃ損。

あくまでプライベート施工となりますので、本格的なキャンピング仕様の防音と断熱施工には劣るかもしれません。ただし、今までの経験上やればやっただけ効果が蓄積していくやりがいのあるカスタマイズです。個人でできる範囲の限界にチャレンジして、自分好みの車に仕上げていきます。

エンジンなど機械系や、頭使う電装系とは違って、時間を見つけてチマチマいじっていくにはちょうど良い緩さです。

まだまだ追加するかも知れませんが、これらの素材をうまく組み合わせて快適な車内空間を目指していきます。

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク