日産モコMG33Sを中古車で買うときの注意点!故障しやすい箇所

日産が販売する軽自動車モコMG33S型。スズキのOEM(ベースMRワゴン)ながら、本家よりもモコの方が数多く売れており、中古車市場にも数が多く流通しています。

モコは名前から女性っぽいですが、日産らしく中性的なデザインを取っているため、男性でも日常の足として使いやすく、乗るのに問題ない軽自動車といえます。

ここでは、モコMG33Sを中古車で購入する場合に注意すべき点や、故障しやすい箇所などをまとめていきます。

モコMG33Sの特徴から見る中古車としての価値

日産モコMG33Sグレードは、広い室内と背の高い軽自動車であり、日常の足として優秀な車です。本家のスズキMRワゴンと比べても女性らしさが薄れており、現に私も男ながら営業の足として乗り回していました。

軽自動車の進歩をまじまじと感じさせるほど、走行性能に不満がなく、荷物をたくさん積んでの加速ももたつかない。エンジンも静かで、燃費性能は市街地のみで21キロと奮闘してくれました。

内装も品よく仕立て上げられており、軽自動車としての安っぽさがありません。

しかし、中古軽自動車としての人気はそれほど高くありません

スズキやダイハツの人気車種に比べると、モコはマイナーな部類に入ります。あえて軽自動車を探している人にとって選択肢に上がることが少ないのです。

でも逆に人気が少ないのが、程度の良い中古車を買う狙いどころとなります

人気が少ないと、中古車の流通市場は値段が下がります。同じ程度の車と比べた場合、日産のモコはスズキやダイハツに比べて割安で買えるのです。

特にメーカーにこだわらない人で、乗り心地が良く乗用車ライクな軽自動車を探しているというのであれば、モコMG33S型の中古車は良い買い物ができると言えます。

モコMG33Sはどこが故障しやすい?中古で買った後の出費を抑える

モコMG33Sの故障しやすいポイントは、下回りのマフラー関係の劣化と、足回りのパーツがへたりやすいことです。

モコは背が高いハイトワゴンと呼ばれるタイプで、コロッとしたスタイルながら室内が非常に広くて人も荷物も快適に乗れます。

しかし、その分重量がかさんでいるため車重が重い。普通車のマーチ並みです。

このためか、足回りのバネや、衝撃を吸収しているダンパー(ショックアブソーバー)という部品がへたりやすくなっています。

これらの部品が劣化すると、乗り心地が悪くてフワフワした感じになり、いつまでたっても縦揺れが収まらないということがあります。

もともと足回りの部品は定期交換が推奨されてる部品でもあるため、もし試乗できるならば中古車であっても試乗させてもらって確認しましょう。

また、排気管(マフラー)が劣化しやすい傾向にあります。特にエンジンの振動でブルブルと震えて、アイドリング時にガンガン音がするという故障が多いのです。

マフラーも消耗品ではあるため仕方ない部分もありますが、乗っていて気分のいいものではありません。モコMG33Sのウィークポイントとして覚えておくといいと思います。

MG33SのGグレード(ターボ付き)を選ぶ場合

私はディーラーに勤務しているときに、営業の足としてモコMG33Sに乗っていました。

私が乗っていたのはGグレードで、ターボエンジンを搭載したグレードです。

このターボエンジン搭載グレードは、エンジン出力はマイルドながら市街地でのストップ&ゴーがしやすく、仕事で顧客へ訪問するときはもちろん、オフの日に高速で遠出するときにも不満がない良い車でした。

ただ、困ったのがターボ装置の故障が頻発したことです。

こちらがモコMG33Sのタービンという部品ですが、5万キロ走ったあたりでオイル漏れが多発しました。きちんと整備していましたが、やはり軽自動車ターボ全般に言えることとして負荷が相当かかっていると推測されます。

何度かのオイル漏れ修理ののちに、タービンそのものを交換することになりました。まだ保証期間内であったために無料でしたが、これが保証期間を過ぎていた場合の見積もりは15万円ほどかかるのです。

ディーラー勤務として、通常グレードにもよく乗りましたが、ターボ車と比較しても日常の使用であればほとんど差がないと言ってもいいほど、違和感がなくできています。こだわりがあるなら別として、維持費を押さえたいのであれば通常グレードでも十分だと思います。

中古車としてターボエンジン搭載のGグレードを購入する場合には、タービン周りの故障や劣化がないかチェックして、不安であれば中古車の延長保証を付けるようにしましょう。

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク