車のエンジンオイル交換は1年に1回で十分とは限らない!

車のメンテナンスでなじみが深いものとして、エンジンオイルの定期交換があります。

人間で言うと血液に例えられるほど重要で、エンジン内部を摩擦から守ったり、オイルを循環させて冷却を補助してオーバーヒートを防いでいます。

普段定期点検などはしないという人も、エンジンオイルの交換だけは最低限やっているでしょう。

ここでよく質問されるのが、エンジンオイルは1年に1回替えていれば十分でしょ?という話。

元車業界にいた人間として、素直に首を縦には振れません。オイルの交換頻度については、車種・グレードごとに異なる場合があるということを知っておいてほしいのです。

同じ車でも交換頻度が違う!整備手帳は一度は読んでみて

エンジンオイルの交換はどれくらいでするべきか?この答えの目安は、車に搭載されている整備手帳に記載されています。

ここで注意したいのが、以下のようなケースは特に注意して確認してほしいです。

  • グレードによってエンジンの排気量が異なる車の場合
  • ターボ装置などを搭載している場合
  • ガソリンからディーゼルに乗り換えた場合

エンジンの仕様が異なっていると、オイル交換の頻度も異なる記載がされていることがあるからです。

一例として、最近人気の軽自動車。

軽自動車の走行性能をあげるために、ターボエンジン搭載車に乗る人も増えています。ターボエンジンの場合には、エンジンにかかる負荷大きいのと、ターボ装置の冷却などでオイルを使うために劣化が激しくなります

整備手帳を見ると、すべての車種ではありませんがガソリン車は5000キロごと、ターボ装置付き車は3000キロごとにエンジンオイルは変えてくださいとなっていることがあります。

もっとも最近の車はちょっとやそっと距離が伸びたところで故障することはないですが、長い目で見た場合にオイルの劣化は確実にエンジンを傷めます。

同一エンジンで、排気量が異なる場合も、内部の機関の違いからオイル交換頻度が異なる場合もあります。

ガソリンとディーゼルではオイル交換サイクルも違う

またガソリン車とディーゼル車では、ディーゼル車の方がオイルの交換頻度は早いです。

ディーゼルの燃料である軽油が燃える時にでる「スス」は、エンジン内部のオイルにも溶け込んでいます。排気ガスは念入りに対策されてるので綺麗ですが、エンジンのオイルは黒く汚れやすいのです。

ディーゼルの場合はガソリンエンジンよりも早いサイクルでの交換時期が指定されている場合が多いので、うっかりしてエンジンを傷めたりしないように、メーカーの推奨時期は確認しておくことをおすすめします。

実はディーラー営業マンでここまで把握してる人は少ない

私があえてオイル交換の時期について記事にまとめたのは、こうした知識はディーラーの営業担当の口から得られることがほとんどないからです。

定期的にオイルは変えましょう!とは言うものの、具体的に、どれくらいのペースで変えてください!とは言われることはなかなかありません。

以前乗っていた車と同じ感覚で交換をしてみたら、思いのほか汚れてドロドロになっていてびっくりすることもあるのです。当然エンジンにも負荷をかけてしまっていたことになり、気分の良いものではありませんよね。

オイル交換については、基本的に人によって解釈が分かれます。3000キロごとに変える人もいれば、車検の時に変えれば問題ない!とまで言う人もいます。ここでは個別の考え方は一旦置いておいて、自動車メーカーが推奨する交換頻度を目安として定期的に点検するようにしていきましょう。

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク