日産のクレジットはジャパンネット銀行だと口座振替ができない

ネット上の決済などが便利なジャパンネット銀行

ところが、日産で新車を購入して日産クレジット(日産フィナンシャルサービス)を使うときに、ジャパンネット銀行では口座振替手続きができないと言われてしまいました。

今回のことの経緯を簡単にまとめます。新車の商談を終え、今回は頭金+100万円分ほどローンを組むことにしました。担当との付き合いもあるし、金利も納得できるものだったので日産クレジットで審査をかけました。

審査は問題なく通り、あとは必要な書類を書くだけ。

私はインターネット上での決済や振り込みが多いため、メインバンクがジャパンネット銀行になっていたのです。当然お金もたくさんいれてあるため、引き落とし金融機関はジャパンネットで手続き

ジャパンネット銀行は、個人の場合印鑑登録の義務がないので、フルネームのサインでOKなので楽ちん。※法人の場合は登録印は必須。

あとは新車を待つばかりだったのですが、しばらくしてディーラーの担当から電話が….

ジャパンネット銀行での口座振替手続きができませんでした!と。

詳細を電話で確認してみると、どうも日産フィナンシャルサービスとジャパンネット銀行の間では、相互取引ができない状態にあるとのこと。(2017年4月の時点)

どうも口座振替というのは、どこの金融機関でもできるものではないらしく、金融機関と引き落とし先の間で、取引の契約が結ばれていないとできない場合があるということです。

結局別の銀行口座を使うことになったのですが、今後も改善されないようであれば利用を考え直さねばなりません。

意外とジャパンネットは融通利かないのかもしれない

ここででてきたジャパンネット銀行って、ネット上では非常に便利なんですよね。

ネット上のサービス料金の支払いでは、営業時間外でも直接支払いができたり、振り込みの手数料も安くなるサービスがあるなど、口座を持っておくメリットはあるわけです。

でもこれをネット以外のビジネスへ目を向けると、今回のように取引ができません!と言われることはよくあります。保険の自動引き落とし手続きでも、NGな会社がありました。

一つの経験としてまとめましたが、そもそもジャパンネット銀行メインで使ってる人って少ないんでしょうね。私がちょっと特殊なのか?いずれにせよ、今後も同じような場面はあると思いますし、日産以外でも同じように口座振替できないメーカーのクレジットがあるかもしれません。

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク