最近の車は雪道に強くなったと言われる理由

最近の車は雪道に強いから大丈夫!とか、この車はFF車だから雪には強いよ!という話を聞いたことは無いでしょうか。

年配の方などからこうした話を聞くことが多く、「私の車は雪道には強いのか」と思ってしまうこともあります。

なぜ特定の車が雪に強いと言われているのか?その理由についてまとめています。

FF車が雪に強い理由、最近の車は…と言われる理由

まず、FF車は前輪駆動車のこと。詳しくは、前にエンジンが積んであり、前輪が動く(フロントエンジン、フロント駆動)だからFFと呼ばれます。

車のパーツの中で最も重いのはエンジン。エンジンが前に乗っている車は、前輪に重さがかかるため、積もった雪を押しつぶします。タイヤがしっかりと路面に接地して安定するのです。

逆にFR車(前にエンジンを積んでおり、後輪が駆動する車)の場合は、後輪の接地力が弱くなりやすく、雪道では極めて発進しにくい状況になります。

さらに、基本的にスリップは「駆動輪」でおきます。

前輪が駆動する車は、雪でスリップしてもタイヤが空転するだけで姿勢を維持しやすいのが特徴。

一方、後輪が雪道の発進でスリップするとどうなるでしょう?前輪は滑っていない状況で後輪が安定を失うと、車が前輪を軸にしてズルズルと横に移動してしまいます。前に進まないだけでは済まされないので、コントロールがシビアになるのです。下手すれば一回転して、車の姿勢そのものを保つのが難しくなるのです。

このためFF車(前輪駆動車)は雪道に強いと言われるようになっています。

最近の車は雪道に強い!と言われるのはなぜか?

これは単に最近の車はほとんどの車がFF車になったという単純な理由です。

昔といっても、数十年前は車はFR(後輪駆動車)が大半を占めていた時代がありました。FR車はバランスが良く、後ろから押されるような加速をするため、上質な乗り心地になります。

しかし、部品が増えるためコストがかかる上に、後輪を動かすための長い軸が必要になって、室内空間が狭くなります。経済性を重視した車や、多くの人が乗る車にはメリットが小さいのです。高級セダンや一部のスポーツカー、後ろに荷物をたくさん積む商用バンなどに採用されるのみになりました。

先述の通り後輪駆動は滑るとまっすぐに進まず、バランスを崩しやすいことで、当時を知っている人からしたら、最近の車は(FF車ばかりになったので)雪道に強いということなのです。

ただ、ここで書いているのは、あくまで後輪駆動車と比べての話ですから、雪道対策が不要なわけではありません。

停止している状況から発進するときなどに、安定しやすいということにとどまります。

雪でスリップするかどうかは「タイヤ」がすべてなわけで、ブレーキ時における危険性はまったく変わらないのです。

この際だから、雪に強いという認識は捨て去るべきですね。

過信して無茶すると容易に事故るので注意。スタッドレスタイヤやタイヤチェーンによる雪対策は怠らないようにして、雪道は慎重に運転することを忘れないようにしたいです。

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク