キャラバンNV350の値引き限界と目標額!交渉の秘訣

日産が威信をかけて作った商用バンであるNV350キャラバン。先代に比べてはるかに広大な室内長と、スクエアで塊感あるデザインがカッコいいですね。トヨタのハイエースとガチンコで張り合える車となり、引き合いとして検討している人も多いと思います。

いざ新車でNV350キャラバンを買おうと思ったときに、やはり気になるのは値引き額。商用ユースとしてはできるだけ安く抑えたい事情もあるし、カスタムのベースとするにしても他に色々お金がかかるから車両購入費は抑えるに越したことは無いです。

ここは、元日産ディーラー営業マンとして、今だから言える値引き額の目安と限界どれくらい目標にするべきかをお伝えしたいと思います。

キャラバンNV350の値引きはいくら位できるか?

新車でキャラバンNV350を商談するとき、おそらく最初の見積もりでは25万から30万前後の値引き額を提示されると思います。

ディーラーによっても異なりますが、おおむね「切り出し値引き額」というものが決まっているからです。これ以上の値引きは、店長による決済が必要で、よほど力ある営業マンでなければ決済できる数字は少ないです。

この切り出しの値引き額から、どれだけプラスα引き出せるかが勝負となります。

値引き限界値はどれくらい?交渉の秘訣は??

キャラバンの限界値引き額の目標値は、

  • ガソリン車で40万+α
  • ディーゼル車で50万前後

この辺りがディーラーの値引き額の限界値と考えて良いです。ここまで出せれば、同業の人の間で値引きの話になったとしても、冷やかされる数字ではないと思います。

ガソリンとディーゼルで異なるのは、車体の価格が違って利益率も異なるため。あくまで車体のみ。他にオプションなどで値引きもあるので前後します。

キャラバンの値引き交渉をするための材料はいくつかありますが、一番は日産が最も意識しているハイエースとの引き合いです。どちらも検討しているということを伝えつつ、相見積もりを取って値引き額を競わせるというのはもはや定番の交渉術です。

注意点は、おそらく値引き額自体ではハイエースの方が高く出る場合があること。(2017年現在)モデル末期のハイエースは値引き額も多いし、当然相手も日産にシェアを奪われたくないですから頑張ってきますね。

ディーラー値引きでよくある失敗例

新車の見積もりを出してもらうときの注意点は、下取りがある場合です。

下取りは下取り、値引きは値引きで計算をしてもらうこと。下取りの値段調整でごまかされないようにすることが重要です。

年配の方の考え方に多いのですが、「下取り値引き」といって下取り額と値引き額がごちゃまぜで、予算に合わせようとしてくる場合があります。一見すると予算に収まっていても、本当に得しているのかどうかがサッパリ分かりません。

「追い金(総支払額)いくら」とかで話をするのではなく、きちんと数字を示してもらわないと営業マンの思うつぼです。

NV350キャラバン買うときは下取りをディーラーに出した方が良い??

下取りの話になりましたので補足しますが、最近は下取りに出さずに、一括査定サービスなどを使って車だけ買い取ってもらうことも増えていますね。

買い取りの場合は一般に下取りよりも高く売ることができ、トータルで考えた場合には新車購入の負担を減らすことができます。

しかし、NV350キャラバンの場合には、意外にも下取り額が高くなるケースもあるのです。

先ほど、値引きの面でハイエースを引き合いに出して交渉するのが良いと書きました。ライバル車の存在をちらつかせることで、競争意欲をかきたてるのが狙いです。

日産のライバル車対策の一環として、下取り増額施策というものがでていることがあるのです。

下取り増額とは、下取りする車がハイエースやトヨタの商用車だった場合、+10万加算できると言った具合に、メーカーから補てんを受けられる販売施策のこと。これキャラバンに限らず、最近では色々な車種であるのです。

こういった情報は表には出ませんが、日産の営業マンは「自社に乗り換えてくれるなら、特別にこれだけ出します!」と言って価格を提示してくるでしょう。値引きではどうにもならない場合、後はいじれるのは下取りの数字が一番大きいというのもあります。

時期によって施策があったりなかったりしますので、査定してもらわないと分からないです。ただ初めから買い取り屋さんを呼ぶよりも、下取りで同じ値段がでるならば、下取りでまとめた方が手続きが楽ちんです。

まずは下取りで金額を出してもらったうえで、一括査定などで買い取り額も競争させると、さらに高く買い取ってもらえる場合があります。使えるものは上手く使い倒して、新車を買う負担をグッと減らしていきましょう!

私がいつも使っている一括査定はこちら。登録業者数が多くて、意外なところで高値買取してくれたりします。

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク