新車の色で迷ったら…白(パール)か黒にしとけば問題ない

新車を購入するときの楽しみの一つに、車のカラーを自分で選べる楽しみがあります。

今は車の色も様々な種類が用意されるようになり、どんな色にしようか迷ってしまうのは、新車を購入する人の特権!納得がいくまでじっくりと選びたいものです。

しかし、別に新車だからといって、色に対してはあまりこだわりない人もいますよね。

とりあえず無難なシルバーあたりでいいか、渋めの濃灰(ガンメタリック・グレー)当たりにしておくのがいいか、、、と思うくらいなら、白(パールホワイト)か黒色にするのが間違いなくおすすめ

知っている人は知っている。新車のカラー選びは、意外に重要だったりするのです。

白と黒に共通するメリット

新車の色について、わざわざまとめている訳は、今後車を売ったり乗り換える時に、買い取りの価格に大きな違いが出てくるからです。

中古車として売る車は、人気がある車ほど高く売れます。さらに、人気がある色の車ほど需要があるため高値で取引されているのです。

中古車市場では「白と黒」が人気なのは、もはや何年も前から定番となっています。

どれくらい違うかというと、10万円から30万ほども差が出るほど。

実際に1000台近く査定をしてきた経験からしても、距離や年式が同じでも色の違いによる下取り価格の差はとても大きいのです。

シルバーやグレー系は、ある意味で無難。基準というか標準的なものですので悪くはありません。

しかし、あまりこだわりがないというのであれば、次売るときに高値で売るリセールバリューというものも考えてみると、乗り換えの際の負担が減るのです。

※逆に原色系の色や、奇抜な特別色などは価格が下がることもあります。理由は並べておいてもなかなか買い手がつかないから。好きな色に乗るのが一番ですが、先のことを考えるなら、乗りつぶすつもりで買った方が良いでしょう。

白・パールホワイトのデメリット

価格的なメリットがあることが分かったところで、逆にデメリットと感じられることは無いのか?という部分についても少しふれておきましょう。

特別塗装色であることが多く追加料金がかかる

まず白(パールホワイト)のデメリットは、多くのメーカーで特別塗装色に指定されているため、追加料金がかかることです。

単純な白というと貨物バンのような色で深みが出ません。そのためパール系の塗装を何重にも塗り重ねて、輝きを増して厚みのある塗装になっているのです。

塗装が上質に・丈夫になるわけですが、手間がかかるために追加料金が必要。車種によって、3万円から7万円程の特別料金がかかります。

もっともそれ以上のリターンがあると考えていますが、新車購入時の初期負担は多少大きくなります。

乗っている人が多く自分の車が分かりにくくなる

白系のカラーは人気なので、乗っている人も非常に多いですね。

スーパーや大型ショッピングモールの駐車場では、よく似た車がたくさん並んで、自分の車が見つけにくいというウッカリトラブルもよく聞く話です。

評価が高い割には、没個性的であり差別化が難しい色なのです。

黒い車のデメリットは手間がかかる

次は黒(ブラック)塗装の色を選ぶ場合のデメリット。

これはもう、小傷や汚れが目立ち、ボディの手入れが大変であることに尽きます。

黒は洗車したての時は、どの色よりも深みがあって輝きが強く、うっとりするような色であることは間違いありません。しかしその輝きが持続するのは、ほんのわずかな時間だけなのです。

雨が降った時の泥汚れや、黄砂・花粉の汚れ、洗車するときについてしまう小傷が非常によく目立ちます。何も知らずに黒い車を購入した人が必ず陥る、雨が降るたびに薄汚れていくボディに頭を悩ませる日々。

細かな傷が目立つのは、線キズが「白い線」になるため、黒い塗装では非常によく目立ちます。雨などの汚れも、ほとんどは白っぽい色の汚れですから、数日も置いておけばたちまちドロドロの状態になることもざらですね。

定期的に手入れするのが好きな人や、屋根付きの車庫がある場合は黒でも大丈夫でしょう。

青空駐車の人や、あまり手入れしないものぐさな人は、リセールバリュー意識するならパール色の方を買うようにしましょう。

あくまで今回は、色に迷って決めきれない時、無難に済ますよりは価値の残る色を選びましょうというテーマでまとめてきました。色に関してはまだまだ細かいウンチクはあるわけですが、新車で買って間違いないのは白と黒の2色です。

特に中古車市場で人気の出やすい、ミニバンやSUV軽の車種は、色による価格の差も大きくなりますので、少し先のことも考えつつボディカラーを検討していきましょう。

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク