軽自動車のボディはペラペラ?ちょっとの損傷でも大きく壊れる

軽自動車の鉄板はペラペラである。

軽自動車に乗り換えるか、それともコンパクトカーに乗るかで迷うときに、鉄板の薄さを気にされる人が多いです。

普通車と比べても車体が壊れやすく、衝突時の安全性は劣るというイメージを持っている人が多くいるのは実感としてもあります。

あながちこうした認識は間違っておらず、あくまで外側を覆っている鉄板部分は非常に薄くできています。悪く言えば本当にペラペラで、手で押すと凹むようなものまで。鉄板に限らず、バンパーなども普通車と比べるとはるかに薄くできています。

このため、他の車との接触事故や、障害物との接触が起きると、ありえないほど大きく損傷してしまうことはよくあります。

写真は2トンクラスの小型のトラックが、急な車線変更をしてきた時に、軽く後部が当たったもの。相手がトラックと言っても小型で、こちらも走行には全く問題ないレベルでしたがフェンダー部分が大きく凹んでしまって複数のパーツの交換を余儀なくされました。

ただ、軽自動車の鉄板はペラペラで紙みたいだから、安全性そのものが低いというものでもありません。

外側はペラペラでも車内は頑丈という設計

軽自動車に限らずですが、普通車においてもほとんどの車は外観部分は損傷しやすくできています。あえて柔らかく作られているのです。

これは歩行者衝突安全性が重視されるようになってから変わってきました。

人にぶつかった時に、角ばった硬い車ボディが当たればケガも大きくなります。しかし車も柔らかければ衝撃が緩和され、人を跳ねてしまったときのダメージを軽減するという考えです。

バンパーと鉄板の間に発泡スチロール材が緩衝材と入れられる場合もあり、軽量化と安全性の高さを両立しているのです。

さらに車に乗っている人の安全性も変わってきています。

必ずしも車は頑丈であればあるほど良いものではなく、頑丈すぎると衝撃の逃げ場がなくなるため、乗っている人に対して大きなダメージを伝えてしまうことがあります。

車の外側部分はあえて潰れやすくできていることで、強い衝撃を受け止めて吸収します。このため衝突のエネルギーが吸収されて低減されるため、衝撃は内部には伝わりにくくなります。

一方で人が乗るスペースは非常に頑丈にできており、ちょっとやそっとでは変形しないように鉄格子のようにに作られています。これはペラペラボディの軽自動車でも同じであって、少なくとも普通車と同じように一般公道を走る上での安全性は十分に保たれていると考えるべきなのです。

外見の鉄板が薄いから、事故した時の安全性も低い….という認識は、今の車では当てはまらないのです。

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク