タービュランスは中古車買ったらまず使いたいガソリン添加剤

私がいつも中古車を買ったら、まず手を入れるのがタービュランスというガソリン添加剤です。

添加剤というと一時しのぎ的なイメージがあるのですが、これはガソリンに添加してエンジンで一緒に燃焼させることで、エンジン内部に溜まったスス(カーボン)を溶かしてコンディションを戻してくれるというもの。

タービュランスリミテッドの公式サイト

中古車を買うときにタービュランスを使う理由は2つあります。

一つ目は、前オーナーがどのように乗っていたか分からないため、まずは汚れを溶かしてエンジンをリフレッシュさせる目的。特に短距離のチョイ乗りが多い人だった場合は汚れが溜まりやすく、良いコンディションがでていません。

二つ目は、理由は前者と同じようなものですが、中古車の提示場内をちょこちょこ移動しているうちに、カーボンが溜まりやすいからです。エンジンはある程度温まった状態で動くことを想定しているため、冷えた状態で動かすと濃い燃料が燃焼しきれずにエンジン内部を汚します。

今まで、有名なワコーズの添加剤やカー用品店に所狭しと並ぶものを使ったりしましたが、たまたまネットで口コミが良かったタービュランスを使ったら体感できるほど良かったのです。

まずは洗礼のような感じで、中古車買ったら最初の給油で入れるようにしています。

タービュランスの入れ方は少し特徴がある

タービュランスは2種類の作用の異なる添加剤がセットになっています。

GA-01 と、GA-02が入っており、それぞれが異なる作用をします。

  • GA-01・・・溜まったデポジット(カーボン・スス)を除去
  • GA-02・・・エンジン内部の摩擦低減・フリクションロス低下

まずはGA-01から入れてエンジン内部の汚れを落とし、その後でGA-02を入れて内部の抵抗を減らしてコンディションを取り戻すというものです。

抵抗がなくなってエンジンブレーキが効きにくくなる・・・という声もあります。

確かにスーッと車が前に出る感じが強くなったり、ごく低回転域でアクセルを軽く踏んでいるときなどのねばりが出るイメージの体感効果がありました。これについては、アクセルオフの低回転での負荷が減ったことで、もともとの正常な状態に近づいたのだと思います。理論的に考えて、エンジンの制御が変わるようなものではありません。

燃費が良くなるという口コミが多いですが、燃費に関しては副次的なもの。あくまで劣化したものをベストなコンディションに近づけるという目的で使うのが良いと思います。

付属のスポイトで注入しますが、意外と粘度があってドロッとしているため、注入には時間がかかります。

スポイトは蓋が付いており、ねじのように回すと取れます。初め気づかずに、穴をあけようと四苦八苦したのはここだけの話。

スポイトで入れる時は、ボトルをギュッと押して押し出すようにするとでます。そのまま給油口に刺しているだけだと全然液が流れてきません。

セルフスタンドで入れるというのは、混んでるときには大変かもしれません。

粘っとしているため、ガソリンを入れる前に注入しておき、その後に給油をしておくと効率よくまざります。

うっかり塗装面に付けないように注意!塗装面を侵食して劣化させ、最悪塗装が剥がれたりします。

まずはスターターキットを使って1セット使いつつ、走行距離が2万キロごとくらいにまた入れるようにしています。

添加剤としては結構値段が高めですが、車を長くコンディション維持していくためにもこいつはおすすめです。

Turbulence(タービュランス)GA-01&02/Fuel Additive(燃料添加剤)/スターターキット/清浄剤&特殊摩擦低減剤ガソリン専用/150ml 2本入り

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク