BMW523i F10セダンの実燃費は意外と良い!国産同クラスと変わらず

外車は燃費が悪い・・・こんなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

特に大型のセダンであるBMWやベンツなどは、見るからに燃費が悪そうでガソリン代がかかりそうというイメージ。ただ、それは一般的なイメージであって、実際に乗ってみると思ったよりも走ったりします。

私は2年ほどBMWの5シリーズ、F10型の523iに乗ってきました。排気量は2500ccあり、6気筒エンジンを積んだ大型のセダン。車重は1.8トンもある重量ボディで燃費が伸びる要素が見当たりません。

ところが実際乗ってみると、平均燃費は10.2km/lと健闘

カタログ上の公式燃費は11.4km/lであるため、実燃費がカタログ根井に極めて近い数値を出してくれた稀少な車でした。

普段の平日は買い物に行ったり、週に2回ほどは往復40キロほど走っていました。

土日は高速で往復250キロの距離を走ることが、1か月に3回ほどのペースです。

一般道6、高速4ほどの割合で乗っており、トータルで見れば一般道の方が多かったのに思った以上に燃費は伸びてくれました。

一般道では出足が良く燃費を伸ばしやすい設定

重量ボディのF10型523iで燃費が伸びた理由を考えてみると、街中での運転に適したエンジンやオートマチックミッションの設定が生きていたのではないかと考えています。

523iは5シリーズの中でも排気量が少ないグレードであるため、本来このボディを転がすのに適したものと言えば、3000CCの528やターボの付いた535といったグレードがマッチしているサイズ。しかしながら、最も売れ筋は523であり、普通に走っている分にはパワーも十分なのです。

排気量が少ないと本来は出足が遅く、発進でパワーが足りないため燃費は悪化しやすいのですが、ギア比が低速寄りに調整されていて、低速でもパワーを感じやすくなっています

エンジン自体も低い回転域からパワーを出し、実用域のトルクが太いので、2500回転も回せば押し出されるような加速をしてくれます。

BMWが燃費向上のために推奨する、素早く目標スピードに加速し、以後はアクセルを緩やかに踏んで流すという運転がしやすいです。よほど渋滞ばかりの道を走らない限り大きく燃費悪化することはないでしょう。

523iモデルで主流なのが、2000ccの4気筒ターボエンジンを搭載したグレードですが、こちらはさらに低速域での加速がきびきびしている出力特性であり、同じくらいかそれ以上に伸びてくれる可能性があります。

意外にも高速道路で伸びにくい?

一般道では乗りやすい車ですが、意外にも高速道路では伸びにくさがあるのではないかとも考えています。

低速で快適ということは、速度が上がって高速域に入ると、エンジンの回転が上がってしまいます。ギア比の関係で、上位エンジンの535などと比べると100キロでのエンジン回転が大きく異なるのです。

平坦な高速を一定速度で流すのであれば、エンジン回転が低い位置で維持できていた方が燃費は伸びます。この点で523iは高速道路でグッと燃費を伸ばすのは厳しいかもしれません。

BMWらしい高速域の加速や楽しさは全く問題となりませんが、高速の燃費だけに焦点を当てた場合には排気量が大きい車に分がありますね。

もっとも購入当初に懸念していた燃費は大きくクリアしてくれたので、あまり燃費には神経質にならずにBMWを楽しむことができました。5シリーズはモデルチェンジしており、F10,F11型は中古で楽しむ車になっていますが、ボディのわりには良い燃費をたたき出してくれる良い車です。

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク