E36型BMWを中古で買うときに注意点!故障や劣化が多い場所

E36型のBMW3シリーズセダンは、もう一度中古車で購入して乗ってみたい車。

昔ながらの角ばったスタイリングと、この佇まいで5ナンバーサイズという扱いやすさで、日常の足もこなせるBMWの人気モデル。今でこそどんどん車体が大きくなっていますが、E36型は実質カローラと同じサイズに抑えているのが最大の特徴。コンパクトなボディにしっとりと路面に吸い付く欧州車の足回りと、6気筒のエンジンを積んでいるアンバランスさが何とも言えません。

すでにかなり旧式になっているモデルではあるのですが、中古車で程度の良い車が見つかったら乗ってみたいと思いを馳せる人も少なくないでしょう。

BMWE36型を中古車で買うときの注意点と、故障しやすくお金がかかるポイントについてまとめてみました。

エンジン補器類のオイル漏れが多い

比較的程度がよさそうなE36の個体でも、補器類のオイル漏れが深刻でだましだまし維持されている車が多いのが特徴として上げられます。

  • パワーステアリングポンプ
  • オイルクーラーのパイプやパッキン

特にパワステオイルはウイークポイントでもあり、オイル漏れの故障が起きやすい部位。私が乗っていた時も、定期的にチェックしないとメモリから大きく減ってしまうほどでした。

パワステに関しては、ワコーズ製のATオイルシール材などで一時的に止めることができましたが、経年劣化の進行具合では対処できない場合があります。

何かしらの部位からのオイル漏れが起きることが予想され、オイル管理との戦いになることはある程度覚悟しておいた方が良いです。

エンジンがアルミになったモデル!こちらもオイル漏れが持病

BMWもE36型のエンジンから、アルミを使った部品を採用し始めています。従来の鋳鉄より軽量化できるとしていますが、耐久性の面では劣ってしまい、年数が経過した時に不具合が出やすいのです。

エンジンオイルに関しても漏れが出やすく、オイルのブロック部分や、補器類の取り付け部分からの漏れが発生しやすいです。部品そのものが問題なくても、漏れを治すにはオイルシールという漏れ止めパッキンを交換せねばなりません。工賃がかさんで数万円の修理費になることがざらにあるのです。

見逃しがちなのが、オイル交換の時に使うドレンボルトからのオイル漏れ

オイルを抜くときに外す部品ですが、取り付け部分もアルミであるため、歪みなどで漏れてしまいやすいです。ドレンパッキンをつけてもじわっと垂れてくることもあるため、駐車場の床に点々とオイルが垂れてくることがあります。

ある意味オイル漏れはウィークポイントでもあるため、すでに今までのオーナーが修理をしていることも多いです。きちんと整備されていればトラブルが少なく、長く乗り続けられるポテンシャルは持っている車と言えます。

購入前には、整備の履歴を確認して、オイル漏れに関する整備がきちんとされているか?乗りっぱなしで放置されていないかをチェックしておきましょう。
車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク