タイヤに溝があっても交換しないといけないと言われるのはなぜ?

タイヤの交換に関する話題。先日友人から、このような相談をされました。

「ディーラーで点検をしてもらったら、タイヤが交換時期だから変えた方が良いですと言われました。自分でも確認をしましたが、まだ溝が半分以上残っているしスリップサインも出ていない。タイヤは溝が残っていても交換をしなければいけないのでしょうか?

まるで、ディーラーが売り上げのために替えなくていいものを提案してきてるのではないか?ともいうような疑いを持っていました。

タイヤの交換は溝が減ったらするものと思われていますが、溝以外にも交換の目安となる指標があり、安全性のために替えた方が良いケースはあります

スポンサーリンク

溝があってもタイヤを替えた方が良い理由

一般に車のタイヤはすり減って溝がなくなり、スリップサインが出てきたら交換の目安とされます。タイヤの溝は雨の水を排水する役割も持ち、路面に食らいつく力が弱くなるためスリップの危険が高まるためです。

タイヤは走行中にどんどんすり減っていきます。しかし、普段あまり車に乗らない人や、乗ってもちょい乗りが多くて距離を走らない人は、タイヤが全然減りません。5年近く乗っているのに、溝はまだ十分にあって一見すると走行には支障がない場合もあります。

それでも交換をすすめられる理由は、タイヤのゴムが経年劣化して硬化してしまい、ひび割れを起こしているような場合です。

タイヤはゴムでできているため、乗っていなくても外に置いておくだけで劣化します。年数とともにゴムの弾力が失われて硬くなり、タイヤの表面に細かなひび割れが発生してくることがあるのです。

新しいうちは指で押せば凹む弾力がありますが、劣化したタイヤは石のようにカッチカチになります。

ひび割れがまだ小さなうちは大丈夫ですが、さらに劣化が進行してくると、大きく亀裂が入ったように割れてくることがあります。

すると最悪はゴムが剥がれ落ちてしまい、タイヤを形成しているワイヤーがむき出しになって、そのままバースト(破裂)してしまう危険性があるのです。

溝が十分にあったとしても、ゴムそのものが剥がれ落ちては意味がありません。

こうした劣化タイヤで気をつけなければいけないのは、普段街乗りしかしないのに、たまに高速道路で遠出する場合。

高速道路でスピードが上がると、タイヤは大きくたわみます。一般道のチョイノリでは問題なくても、高速を走った途端にタイヤが限界を迎え、ゴムが一気に割れてしまう可能性があるのです。

タイヤの経年劣化の目安は?

タイヤの劣化はおおよそ3年ほどで露呈し始め、5年も経過すると表面は細かなヒビだらけになってきます。

環境にもよりますが、車庫で保管するよりも、野ざらしで駐車しているような場合は特に劣化しやすい(ゴムは紫外線や湿度変化で収縮してしまう)ため注意が必要。

距離が少なくてタイヤの溝はあるから大丈夫!とは限らないということです。

車検そのものは溝だけあれば問題ない

定期的に検査しなければいけない車検整備。車検ではタイヤの安全性も検査項目に入っています。ツルツルにすり減ったタイヤでは検査に合格できず、交換しなければいけない場合もあります。

ただ、よほどゴムが剥離しているような場合を除き、車検の場合には溝が残っているかどうか?しか見られないので、タイヤが硬化して経年劣化しているかどうかまで指摘されません。車検だけとりあえず通そうと思えば、溝さえクリアできれば乗り続けることはできます。

あまりお金をかけたくないという場合もありますが、車の安全性の最も基本となるのは、直接道路に接している4本のタイヤが全てです。

国産タイヤだからと過信せずに、ひび割れがひどくなってきた段階で早めに交換することをおすすめします。

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク