ゆっくり加速することが燃費をよくするとは限らない

車をゆっくりと慎重に走らせれば、エンジン回転も上がらず燃費もよくなる・・・というのは必ずしも当てはまらないものです。ゆっくり加速することが燃費をよくするとは限らない

ふんわりアクセルで急発進を避け、最も燃料を消費する発進時の加速を抑えることで燃費が良くなるというのは、すでに広く知れ渡った話です。しかし、どんなテーマにおいても極端に話を解釈してしまう人はいるもので、「とにかく慎重にアクセルを踏んでいればいい」としてしまう人も多いですね。

確かに重い車を停止状態から動かすときは最も燃料を消費しますが、緩やかに発進をした後は、アクセルを徐々に踏み込んでいき、早めにスピードに乗った方が燃料消費の効率はよくなるものです。

車の場合は、エンジン以外にも、エンジンの力を伝えるトランスミッションの関係もあります。発進時は低速ギアで多くの力を伝えますが、その分エンジン回転は上がっていきます。エンジンが多く回ればそれだけ燃料も多く消費してしまいます。エンジンの回転をあげすぎずに、早めにギアが切り替わっていくことで、エンジン回転は下がって燃費が良くなるというのも一つの考え方。

言い換えれば、ずっとゆっくり走る状態を維持しつづけていては、燃料消費の効率が悪い状態を長くしてしまうことになり、トータルでの燃費は悪化する要因となるのです。

燃費に対する考え方は車によっても異なると考えるべき

燃費に関する考え方は、車の特性とか、エンジンの特性によっても変わってしかるべきだと思います。

軽自動車など小排気量車はそもそも出力が弱い反面、エンジン回転に対する燃料消費は大型車に比べて少ないです。そのため無理にゆっくり加速するより、ある程度アクセルを踏んでスピードを上げ、惰性で走れるスピードに乗った方が燃費としては良いです。

一方で排気量が大きな車は、エンジンの回転が上がるほど燃料消費は一気に増加します。しかし低回転からモリモリとパワーが出ているため、エンジン回転を低い状態でぐっとこらえていると変速ギアが次々と切り替わり、スピードが乗っていくというような特性もあります。

一概にどの車でも同じような運転で燃費が良くなるというのは間違いであり、車の性質やエンジンの傾向などをある程度理解したうえで、アクセルの踏み方を考えるのが燃費運転の正しい在り方であると思うのです。

一部のドイツ車などは、ゆっくり加速するよりも、素早く加速し目標スピードまで到達したら、あとは軽くアクセルを操作していく方が燃費が良いとして、車の加速やエンジンの特性もこの理念に合わせて設計されているものがあると聞いたことがあります。

ただ、やはり日本の道路状況とはことなり、郊外の広い道が多い欧州などとは燃費の考え方が異なるはず。そのまま日本で燃費をよくする対策として適用するのはどうなのか?とも考えてしまうわけです。

複数の燃費に対する考え方を組み合わせるのがベストではないか?

燃費運転として理想だと思うのは、

  1. 発進はふんわりアクセルでじわじわと車を動かす
  2. アクセルを増し踏みしながら目標のスピードまでスムーズに加速
  3. スピードが乗ったらアクセルは軽く足を乗せる程度で定速を維持
  4. 減速はエンジンブレーキを使いながらスピードを落とすことで、回生ブレーキや回生発電などを効率よく稼働させていく
  5. 信号などの切り替わりを読んで完全停止の状況を減らす

※ただし燃費のために交通状況を無駄に乱さないに限る

道路の状況は刻一刻と変わりますので、なかなか理想通りに事が進むことはありません。

しかし燃費において重要なのは、一つの考え方だけに固執しないこと。

今乗っている車の特性も考えつつ、エンジンの負荷を減らして効率の良い加速ができるようになれば、おのずと燃費も良くなっていくものだと考えています。

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク