セダンの下取りは低い・・・ディーラーより一括査定した方が良い理由

もし今あなたがセダンに乗っており、車の買い替えを考えているのであれば、ディーラーの下取り査定だけではなく、車の一括査定見積もりを依頼して比較することをおすすめします。

セダンは国内の中古車市場では総じて人気が高いとはいえず、下取り査定において値段が付きにくい車の代表格となってしまっています。

新車の価格に対して、中古車の相場が安くなる。需給関係で値段が決まる中古車市場では仕方ないことで、リセールバリューはよくありません。

しかし、あくまでディーラーの下取りと考えた場合には安くなることが多いのですが、中古車を販売している業者によっては、下取りよりもはるかに高い値段で買い取ってくれるところがあるため、査定額を比較するメリットが最も大きな車でもあるのです。

下取りの悪いセダンを、なぜ高く買ってくれる業者がいるのか?

以下のような理由があります。

  • セダン車を専門に扱う業者は他に先駆けてセダンを揃えたい
  • セダン車を売るのに特化しており強気の買い取り値段をつけてくる

中古車の販売業者には、セダン専門として特化型の営業をしているところがあります。

特定のセダンだけを集めていて、全国対応で販売をするスタイルを取るなど、一般の業者では塩漬け在庫になりがちな車であっても、率先してセダンを揃えたいと言ってくれる業者がいるのです。

中古車の販売業者の中には、セダンの取扱いにたけている業者もいます。販売ノウハウに精通しているというものありますが、一番は数少ないセダンに乗りたいというユーザーを多く集めるための集客ができる力を持っているのが大きい。

ディーラーなどの中古車店舗では売りにくい車でも販売できる力があるため、強気の値段で買い取ってくれる可能性があるということです。

その時々で様々な需要が生まれることもあります。

私が以前スカイラインのセダンを一括査定で見積もり比較をしたときには、たまたま近くの中古車屋さんが「セダンを扱う販売フェア」を実施していたのが高額買い取りの要因となりました。展示会で並べる中古車を揃えるために、多少利益を圧縮してでもすぐに車が欲しいという需要があったのです。

ディーラー査定では、ディーラー系列の中古車屋さんで並べるだけなので、売りにくい車の場合は価格下落のリスクを見越して下取り額が控えめになることがあります。

しかし、あちこちに散らばる中古車業者の中には、独自の販売ルートでお客さんを抱えているため、高額で買い取ってくれるチャンスが期待できるわけです。

一括査定は仮に契約をしなくても、料金の請求はされずに無料で利用できる仕組みであるため、「仕方ないか」とあきらめる前に金額を比較していくことが損しないための秘訣です。

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。 有名で...
一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました
車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク