ミニバンと1BOXバンのメリットとデメリット!両方乗ってる立場からの考察

ファミリーカーとして車を買うとき、多くの人が乗れるミニバンタイプの車が良いか?

それとも、ハイエースのような1BOXタイプの箱バンを買うというのはどうか?と迷ったことは無いでしょうか?

1BOX箱バンは商用車ですが、レジャー目的やファミリーカーとしても乗っている人が多い車でもあります。

人が乗れるミニバンと言っても、常に大人数で移動はせず、荷物の積載性なども考慮して購入をする人も多いでしょう。

実際のところ、ミニバンと1BOXバンを日常ユースとして購入を検討する場合、どういった基準で選んでいくべきなのか??

色々あって、1BOXバンとセレナの2台を一家で所有している立場から、それぞれのメリットやデメリットについて思うところをまとめてみました。

ちなみに私が比較しているのは、日産セレナC26ハイウェイスターS-ハイブリッドと、モデルチェンジしたキャラバンNV350ディーゼルバンプレミアムGXとなっています。同じような図体の車が車庫に並んでいますが、それぞれに乗ってみて思うところをまとめてみようと思いました。

乗り心地・・・家族の快適性はミニバン一択!

乗り心地では何といってもミニバンが快適すぎます。特に最近のミニバンは、すっかりメーカーの売れ筋車種になっているため、変な跳ねもなく安定していて本当に乗りやすい。振動やエンジン音も大きくなく、子供とDVDを見ながら快適に旅行へ行くとなればミニバンが最適です。

1BOXバンはそもそもの設計が荷物主体の商用バンなので騒音対策などは最低限。エンジン音も響くし、走行中のロードノイズも対策しなければうるさいです。

これは私も甘く見てました。静かな車になれた人にとっては、騒音レベルは相当なものです。必然と車内の会話は声を張り上げる必要が出てきます。オーディオもお世辞にも楽しめるレベルと言えません。

ファミリーユースとして使うのなら、家族が騒音などにどこまで許容してくれるか?というのは大きな点になりますね。下手すれば買った後でうるさいとクレームが付く可能性もあるくらい。

特にディーゼルエンジン搭載車では、妻曰くトラックに乗っているようだと・・・多分乗ったことない人だけど、そういうイメージの騒音レベルなのです。

快適な移動の手段として車を買うなら、大人しくミニバンを買った方がいいでしょう。

走行性能はどっこい・・・電子制御の有無で決まるか

走行性能はどちらも普通に走る分には問題ないですが、両者背が高いので横風にあおられやすかったり、キビキビとした動きが苦手なのは共通しています。

安全性能について思うところでは、ボンネットが前に出ているミニバンタイプの方が正面衝突に対する吸収ゾーンが大きいメリットはあります。

何といっても箱バンの場合には、すぐ目の前にフロントガラスがあるため、圧迫感を感じて苦手という人も。うちの妻は怖がって助手席に乗りたがりません・・・。

ミニバンは家族の安全を前面に打ち出して商品力を高めている傾向があるため、電子デバイスの安全装備が充実している現状も加味すべきです。

1BOXバンもボディそのものは丈夫であり、過剰に安全性を意識しすぎるのはナンセンスかと思うのが個人的意見ですが、最新の安全性能や事故予防機能を使っていきたいならば新しいミニバンを検討してみるという考え方もあります。

荷物の積載性は1BOXバンが圧倒的すぎる

荷物の積載性では、もはやいうまでもなく1BOXバンが圧倒しています。

車体の寸法は同じでも、実質ボンネットの長さ分1BOXの方が室内は広くなります。荷物を満載して、なお持て余すほどの積載性はミニバンでは難しいです。

1BOXバンをファミリーカーとも兼用する場合の最大のメリットは、やはり荷室を生かしてカスタムができる汎用性の高さにあるでしょう。

私が趣味と実用を兼ねて1BOXのキャラバンを買ったのも、いざというときの車中泊や、荷物を積んでの移動など災害時でもある程度の居住性を確保できると思ったのも理由の一つとしてありますね。

もっともミニバンでも十分広く使える上に、シートアレンジなどを使えば十分な積載スペースが確保できます。写真では大きめの子供用車いすをそのまま載せていますが、十分な余力があって人が乗るスペースは犠牲にしていません。

不満はないと思いますが車を自分好みに変えていくという楽しみには及びません。

意外ですが、うちの子供はミニバンより、1BOXに乗りたがります。特に男の子では、広くて動き回れて遊べる車が楽しいらしく、ちょっとした週末を子供と遊ぶ面白さがあります。

色々カスタムをして荷物を積んだり、車そのものを楽しむという趣味も増えました。週末は子供と一緒に日曜大工をしたり、遊んで使える車として1BOXは面白い車です。大きくなったら乗り心地とかブーブー言うかも知れませんが、車そのもので思い出ができるというはいいなとも思っています。

燃費と維持費・・・考え方次第で変わる

燃費に関しては、一般のガソリン車で言えばほとんど変わらないか、ミニバンクラスの方がややいい程度。どちらも車体が重く、空気抵抗の大きなボディなので燃費を伸ばすのは難しい車体。

燃費を重視するのであれば、1BOXなら燃料費の安いディーゼルエンジン車両(軽油はレギュラーより20円程安い)。ただ、先述の車両騒音の悩みは増えますし、車両購入費は高いです。

一方でミニバンはハイブリッド車両などがでてきているため、車体価格の上昇を割り切れるならハイブリッドを選ぶという選択もあります。

ただ、ハイブリッドの価格増分を燃費の良さによる燃料代では補えないという場合が多く、燃料代は難しいところ。

車検のサイクルが変わるので維持費を高いと取る場合も・・・

乗用ミニバンの車検は、初回3年後、以後は2年毎に受けます。

商用1BOXの車検は、初回2年後、以後は毎年車検を受けなければなりません。

車検にかかる法定費用は、期間によって月割りされてるだけなので変わりませんが、点検整備費用は車検のたびにかかるもので、商用車は割高になる場合もあります。

特にディーラー車検は点検整備をきっちりやるので、整備費用は長く乗るほどかかってきます。車検の維持費に関してはミニバンの方がトータルで安くあがります。

必要に応じて格安車検なども活用していくことで、車検費用は抑えられることがあるため1BOXを選択するなら検討していくべきですね。

保険料が大きく異なる可能性あり!

ミニバンの場合は、一般乗用車と同じ3、5ナンバーが付きます。しかしハイエースやキャラバンなどの1BOXバンをレジャーユースとして使う場合、多くは4ナンバーで乗ることになります。

すると、4ナンバーは商用車区分であるため、保険の適用条件がことなることがあります。

具体的には年齢条件が26歳までだったり、運転者の限定を付けられないなど、商用車としての性質にあった保険になるため、場合によっては保険料に違いが出ることがあるのです。

保険料が大きく変わるのは嫌だという場合には、事前に料金シミュレーションをして計算をしてもらうといざ買ってから慌てることが無くなります。

まとめ

1BOXバン 乗用ミニバン
乗り心地 振動や騒音大きい。家族の許容不可欠 静かで乗り心地は良い
走行性能 ガソリン車はやや非力。ディーゼル車は力があり、高速屋坂道も余裕で走れる。 必要十分な性能で、不満はない
安全性能 ボディは丈夫だが横揺れしやすい 最新の安全装備付き車両多い
積載性能 圧倒的広さと汎用性がありカスタムベースに最適。 荷物より「人」だが、シートアレンジ次第で荷室は広くなる。
維持費・燃費 ディーゼル車の燃費は良く、軽油は安い。

車検費用がかさむと高くなることもある。

燃費は伸びにくいのは共通。

ハイブリッド車は燃費良いが、価格分を燃料代では取り戻せない。

それぞれの評価をまとめると、やはり荷物は荷物、人は人というそれぞれのコンセプト取りに作られているのがよくわかる結果に。

簡潔にまとめれば、

目的地まで快適な移動をして、車に趣味性を求めないならミニバンがおすすめ。

1BOXバンは移動というより、車そのものを趣味として楽しみ、休日を面白くしたいなら乗ってみるというのがおすすめです。

無難なミニバンと違い、デメリットも引き立つのが1BOXの特徴なので、よく考え抜いて至高の1台を決めてみましょう。

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク