デキる社長はセダンよりもSUVに乗る!3つの魅力とメリット

日本で言う社長の乗る車のイメージで頭に浮かぶのは、ほとんどの人が大型のセダンと答えるでしょう。

「いつかはクラウン」なんて言葉ができるくらいに、高級車の代名詞ともいえるのが大型のセダン。大企業の役員から、中小企業のオーナー社長まで憧れの存在。事実プレミアムメーカーもラインナップはセダンが中心です。

しかし、セダンよりもSUVタイプの車に魅力を感じ、スマートに乗りこなしているという人が増えている印象です。

  • レクサス・・・NX、RX
  • トヨタ・・・ハリアー
  • ベンツ・・・Mクラス
  • BMW・・・X5
  • ボルボ・・・XC90

圧倒的には移動場所を選ばず、フォーマルなセダンが主流なわけですが、じわじわと社長の車としてSUVタイプに乗る人が増え、レクサスをはじめとしてメーカーもSUVのラインナップに力を入れているのがうかがえます。

なぜ社長車としてセダンよりもSUVに魅力があると考えるのか?どんなメリットがあるのかについて検証してみました。

セダンに変わらぬフォーマルさとデザインを持つ車種が増えた

セダンがもつ魅力の一つに、スーツが似合い、格式ある場所へも堂々と乗りつけていけるフォーマルさがあることです。また車の基本形でもあり、完成形でもあるセダンはステータスを示すにふさわしい装備とデザインをしています。まさに成功したものが乗れる車という威厳があるのです。

では、SUVはどうなのか?というと、従来は背の高くレジャーを意識した車が多かったのは事実です。もともとS(スポーツ)U(ユーティリティ)V(ビークル)で、アウトドアスポーツを楽しむ車というのがSUVのコンセプト。ビジネスとはちょっと路線が違ったわけです。

ところが、最近のSUVのデザインは極めてセダンに近くフォーマル性が高まっており、従来の主流だった「レジャー」を意識させるオフ寄りのイメージではなくなってきています。

街中に止めてある佇まいも極めて落ち着きがあり、ホテルなどに行っても違和感がありません。

車体も大きいのでゆったりとしており、移動手段としても乗り心地はセダンに劣りません。

またゴルフ場へ行くときなどはまさにこの車の真骨頂ともいえますね。おしゃれにオフのスポーツも楽しめて、スーツで決めても違和感がない。こうしたどちらもイケる機能性から、SUVが選択肢に上がってきたということです。

リセールバリューがセダンより高く経済的であるメリット

SUVがセダンに勝る最大のメリットは、リセールバリューが高いことです。

セダンとなると現在日本では不人気車の代名詞。中古車の市場でも買い手が少なく、価格が高いうえに燃費に劣るセダンは価格が下落しやすい車です。

これは時代の流れですが、数年後に乗り換える際に価格の下落に驚いた人もいるでしょう。ある意味では、将来を見据えた賢い買い方とは言えません。

SUVは中古車市場でも人気は好調です。中古車の主要ターゲットである若い世代としても、セダンよりSUVやミニバンに目が行くために高値の買い取り額が付きます。

SUVを乗り継ぐという場合には、車の価値が長く落ちないため、数年先の乗り換えで経費を減らすことにもつながります。

もっとも、有り余る経費を車購入費で圧縮したい・・・という場合にはこの限りではないと思いますが、一つの車購入の考え方として、資産的な価値はSUVの方が高いと言えるのです。

オフの時でも気張らず乗れて自宅に置いても嫌みがない

社長車として購入するときに気を使うこととして、世間体を気にすることもあります。

ステータスであると割り切って乗ってる場合ならいいですが、落ち着いた雰囲気で、目立ちすぎず落ち着きすぎずを考えた場合、最近のセダンではやや尖りすぎたデザインのものが増えてきています。

このためオンでもオフでも気張らずに乗れる車として、あえてSUVを選んで乗っているという社長もいます。

休日に乗る際にも気張る必要がなく、明らかに高級セダンというよりも嫌味がない。何かと人の目を気にしてしまいがちな日本という環境だからこそ、SUVという選択肢が今見直されてきているともいえます。

社長だからセダンという時代ではなくなっている

どうしても保守的な業界だと、社長車としてセダンを置いておきたい会社はあると思います。

しかし、運転手付きで乗るような状況ならまだしも、ほとんどの場合は自分で運転する車として購入する人が多いと思いでしょう。

そんな時にSUVであれば、気を使うことなく乗れるうえに、パッと見て良い車であると分かる車です。SUVはステータス性と普段使いを両立できる良い選択肢なのではないかと思うのです。

オンもオフもスマートに乗りこなせる車として、SUVの魅力を再考してみてはいかがでしょうか。

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク