ネットで車の一括査定見積もりがおススメされる本当の理由

ネットで車関係のサイトを見ていると、ほぼ必ず「車を売るときは一括査定見積もりで高く売りましょう!」って言ってますよね。yahooなどを見ていても、同様の広告も多数出ており、一括査定サイトを活用するのを推奨しています。

私は車業界にいて、もともとは業者として査定に回っていた側の人間として、脂汗を出しながらこうした情報を見ていました。

業界を退いた身だから言いますが、買い取る側としてはデメリットなのです。

私からすれば、こうした状況は実はあまりよろしくありません。なぜなら、一括査定などで申し込まれた日には、車買取業者の利益が下がることになるからです。

しかし、車を売るあなたの立場を考えると、車を売るときに一括査定を使わないのはであると言えることは間違いないです。

ネットの車一括査定についての私の見解を、業界経験、さらに車買取の現状を踏まえて解説をします。

車を高く売るって本来はおかしな話なのである

車を高く売る・・・という言葉には、私は大いに違和感を感じるということをまずは書いておきます。

なぜかというと、「商売の基本は安く仕入れて高く売らないと利益にならない」から。ディーラーにしろ、買い取り業者にしろ、オークション代行業にしろ、いかにユーザーから安く車を仕入れてきて、値段が落ちないように現金化するか?を必死に考えるのが仕事です。

業者としては1社だけに任せてもらった方が嬉しいです。業者からしたら、お客様に納得いただく範囲で、自分たちに都合が良い値段をつけて買取ができる!ってことですから。売る側の人も手続きが簡略化して楽というメリットは見いだせるでしょう。

でも、ディーラーの下取りだけ、とか最寄りの買い取り屋さんだけにしか車を査定してもらわないとするならば、本来の車の適正な売値って分からないんですよ。

相場を知るだけでは賢く車を売ることができない・・・でも解説をしていますが、一つとして同じものが無い中古車の市場において、車に詳しい人であっても適正な価格かどうかを見極めるのは困難なことです。

自分では高く下取りしてもらえた!高く売れた!と思っていても、まだ上があったとしたらどうなるでしょうか?知らない方が幸せだった・・・という言葉がありますが、車の売買においてはこうしたやり取りは日常茶飯事です。

そこで、複数の買い取り業者の値段を比較しながら、売る側が損しない「本来の車の価値」を見きわめることが重要なのです。

複数の買い取り業者で比較されてしまえば、変な誤魔化しなどききません。誤魔化しというとやや語弊がありますが、利益を圧縮しなければ買い取れるものも買い取れなくなる。だから、初めに一括査定は業者にとっては美味しくない・・・と言ったのです。

車の一括査定が無料で利用できるカラクリと使う側のメリット

従来ネットやスマホが主流でなかった頃は、地道に地域の買い取り業者を探しては査定してもらって回っていました。ただ売る側も暇ではありませんから、車の査定のためにあちこち移動するのは効率的ではありません。

よく買い物の話に例えられますが、「1円でも安いものを買うために、数10キロ離れたスーパーまで出かけるのは非効率である」ということがあります。

車の査定においては、1円でも売るために頑張るわけですが、そのためにあちこち移動していては時間もかかるし疲労もたまってしまい、結局何してるか分からなくなることもありますからね。

一括査定の場合は、買い取り業者が出張で査定するのが基本となっています。

申し込んでくれた人の都合の良い場所へ出向き、無料で査定を行ってくれるのです。一括査定サイトは売る側ではなく、買い取る側が積極的に動いてくれるサービスを提供することで、売る側にメリットがある環境を提供してくれているわけです。

業者としては、顧客を引っ張ってきてくれる一括査定サイトはありがたい集客経路。取引が成立したら手数料をサイト運営に払う仕組みなため、業者にとってはデメリットばかりではありません。

むしろ適正な車の市場取引のために存在意義があるものとして認知をされています。

複数の業者の買い取り価格を一度に比較できる

一括査定サイトは手続きを簡略化するために、複数の買い取り業者が登録をしています。

査定の申しこみがあったら、当然ですが高い値段をつけて良いサービスを提供した業者が取引できるわけですから、おのずと競争がうまれます。

まずは売るための車を仕入れるために躍起になるわけで、少なくとも相場を大きく下回るような買い取り金額はでてきません。

時に適正価格以上に値段が跳ね上がることがあるのです。

こうした理由から、業者側にとっては都合の悪い部分もあるが、ユーザーにとって買い取り査定に出向く手間を省き、査定額を比較できるサービスであることから、一括査定がこれほど推奨されているのです。

一括査定の仕組みと、業者側の立ち位置から語ってみた車買取の見解をまとめてみました。

ユーザー(車を売る側)のメリット

  • 1社の判断に依存せず複数業者を比較して適正な査定相場が分かる
  • 業者によって下取りより大きな査定金額を出してくれる可能性がある
  • 時間をかけてあちこちの業者を回らなくても済む

業者(買い取る側)のメリット

  • 一括査定サイトへ登録しておくと売りたい人を集客してくれる
  • 契約成立時に手数料を払えばいいので必費用対効果が高い

こうした持ちつ持たれつ、お互いがメリットを享受できるのが、一括査定見積もりサービスであるということです。

売る側にとってのメリットが大きく、損せず車を売れることと、査定の手間を時短できるのはこのサービスならでは。

実のところ私も車を売るときには、一括査定サイトを活用して美味しい思いをしていたりします。その時々の状況に合わせて買い取りサイトを替えつつ活用しているのと、実際に利用してみたときの状況などもレポートしていますので、使ってみたいなという場合には併せてご覧いただければと思います。

事故歴のある軽自動車が一括査定で18万も買い取り額に差が出た話
営業用の足として乗っていた軽自動車、日産モコMG23Sを手放したときの話。 ディーラー査定が25万円だったのに対し、一括査定を利用した...
車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク