最近よく見るダミーパトカーにビビるけど近くで見たら和んだ話

数年くらい前から、地方の田舎道などにダミーパトカーが置かれているのをよく目にするようになりました。

交差点の脇にある空き地や、角地のコンビニの駐車場の一角などに、パカパカと回転灯を点灯させて止まっている「パトカーらしきもの」があるのです。

私の実家へ帰省した時に、調子よく走っていたら見慣れた白黒の車体を見つけて慌てて速度を落としたものです。「ついにこんな田舎でも取り締まりをやるようになったのか?」と驚愕しましたが、どうも様子がおかしい。

その後散歩がてら現場まで歩いて行ってみました。

よくよく見ると乗っているのは可愛らしいクマのお巡りさん(ぬいぐるみ)

ヘルメットをかぶって、交通安全のたすきをかけていらっしゃいます^^

その後別の地域でも似たようなモノを見かけました。引退した車両をこのように改装しては、運転者に注意を促すために置いているのだと思います。

確かに置かれていた交差点は非常に見通しが悪く、衝突の事故が絶えない道でした。私も何度かヒヤリとしたことがある道路です。

ある意味ではこうしたマイナーながら事故が多い生活道路に置くことで、注意をして運転をするようになるという目的は上手く果たせているのではないかなとも思います。

その後気にして運転をしていると、どうやら定期的に場所を変えている様子。

写真を撮った場所からはいなくなり、今度は1キロほど離れた別の交差点の脇に置かれていました。

確かに地元の人しか走らないような場所だし、一度ダミーだと認識されてしまえば舐められてしまいますからね。

危ない道というのはあちこちにあるわけで、こうした取り組みが少しでも事故軽減につながればと思います。

※うっかりダミーパトカーとばかり安心していたら本物だった!ってこともあるので注意。侮るとマジの取り締まりをしていて、痛い目に合うかもしれません。

ダミー・本物に限らず、こうした対策がとられる場所は、一旦停止無視とか多いわけで、小規模の事故は多いわけです。事故ったりしては何もいいことありませんから、慎重に運転をしていきましょう。

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク