アウトドア向けの車はSUVというのは間違い?用途をしっかり見据えよう

SUVは、S(スポーツ)U(ユーティリティ)V(ビークル)。スポーツとはアウトドアスポーツのことで、主にキャンプや釣り、仲間で集まってバーベキューなどを楽しむのに適した用途の車としてあります。

もっとも今はシティユースが多く、大きくゆったりと乗れる車体と、コンパクトカーにはない走行性能のゆとりでSUVを買うという人もいるでしょう。

ただやはりアウトドアスポーツが好きだからこの形の車を買って楽しみたいと検討する人も多いと思います。

しかし実際に日本という市場で使ってみると、意外と大柄なボディが困る面もあったりして、SUVがアウトドアレジャーに最適解とはならない状況も多いのではないかと考えています。車選びにおいてはやはり一番よく使う使用用途に合わせつつ、燃費やデザインを考慮して乗るべきではないかと思うのです。

主観ながら、アウトドア向けの車はSUVの存在意義について思うところをまとめます。一見SUV批判にも見える内容ですが、意外と無理してSUVを検討って人が多いように思うので、用途を踏まえた車選びを考え直してはどうか?とも思ったためです。

SUVらしい大柄なボディの利点とデメリット

SUVというと、ほとんどは3ナンバーのワイドボディで、全長こそ短く運転しやすいサイズでありながら横幅がゆったりしている車が多いです。

タイヤも大きなタイヤを履いているため、セダンともまた異なる乗り心地の良さがあります。

ゆったり乗れる、というのは利点の一つですが、やはり運転視界の見切りの悪さには慣れが必要な車でもあります。

SUVはクロカンの4WD車両と比べると、なだらかで曲線の多いデザインをしています。これはそのまま見切りの悪さにもつながり、車の先端がどこにあるか?車両感覚の掴みにくさはSUVのデメリットとも考えられるのです。

コーナーセンサーなどの電子デバイスが普及してきているとはいえ、地方の海沿いの細々した街中を走ったり、細い山道を行くような場合には運転に気を使う場面もあります。

積載性はミニバンに劣り、走破性はクロカンに及ばない

SUVは乗る人数分の荷物を積んで移動できるだけの広いトランクスペースを持っています。

ミニバンなどと違い5人乗りであることが多く、セダンやコンパクトカーとは一線を画す積載性は魅力的です。

ただ、実際に色々積んでみると荷物をたくさん載せるとなるとミニバンにはるかに劣ります。

大型のキャンプテーブルや、バーベキューコンロなどを積むとなれば大変。長さがある荷物を積むのは得意ではなく、アウトドアと言いつつも用途が限られてしまう場合もあります。

5人乗せて5人分の荷物をきっちり積んで出かけたいともなると、SUVよりもミニバンを候補にした方が楽しめる車ともいえます。

そもそも走破性を求められる道路は日本で限られる

SUVは本格的な4WD車両には及ばずとも、大きなタイヤと車高の高さで、不整路の走行性能には優れます。

しかし、実際に日本という国でアウトドアスポーツを楽しむなら、SUVである必要はほとんどない道路が整備されています。

スキーなどへ行っても、たいていは高速道路のインターからスキー場までは念入りに除雪されていたりします。

登山にマイカーで行くとしても、悪路を走らないとたどり着けないような未開の場所ってほぼ無いし、あるとしても保護区域だったりして普通にセダンでも行けてしまうものです。

砂浜にガンガン入り込むというなら役不足であり、豪雪地ではスタッドレス+チェーンなどをつけるという条件は他に車と大差なくなってしまいます。

走破性に関してはさらに上位がいる上に、現実本当にヤバイ状況では他のタイプの車とそう変わらないともいえます。

デザインとリセールバリューで買うのはありか

あくまで今回は、アウトドアレジャーだけを視野に入れてSUVを買おうとしている人がいたら、ちょっと色々考えなおした方が良いかもしれません・・・という体でまとめてみました。

ただSUVってデザインはカッコいいんですよね。

高級セダンのように気取っているわけではないけど、パッと見てインパクトがあって大きな車なので世間の目を気にせず満足感を得られる。

デキる社長はセダンよりもSUVに乗る!3つの魅力とメリット
日本で言う社長の乗る車のイメージで頭に浮かぶのは、ほとんどの人が大型のセダンと答えるでしょう。 「いつかはクラウン」なんて言葉ができる...

しかも中古車市場での人気も高いので、リセールバリューも優れた車種が多いのがSUVを買う理由にもなります。

こうした需要があるからこそ、コンパクトカークラスにもSUVが増えたり、軽自動車でもSUVタイプが続々出てきているのではないか?とも考えられます。

結局好きな車に乗れば不満はないわけですが、実用性という点で考えるのと、それぞれの尖った特性をどう生かせるか?という部分を考えて車選びをするのもよいと考えています。

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク