ナビゲーションは純正品がいいか後付けナビが良いか?

ほとんどの車に装着されるパーツの代表にもなっているカーナビゲーション。TVやDVD鑑賞などもこなせるため、機能を吟味しては悩む人も多いですね。

ここで車によっては、純正指定されているナビが良いか、後付けでカー用品店などで買う方が良いのか?と迷う人もいるでしょう。

  • 純正は高いし、後付けの方が安く済みそう
  • なんとなく純正は性能が低そう
  • 後付けの方が機能豊富だけど見た目変にならないか?

このようにいろいろ気にしてしまう要素が多いカーナビですが、それぞれのメリットについて、カーナビの機能面以外にも目を向けて解説してみます。

純正ナビは高い?価格で見るナビゲーション

ナビゲーションを検討するうえで重要な要素が、価格が高くナビの種類で大きく値段が変わるということ。安いものでは5万円台から手に入るナビもありますが、DVDを見たり機能を求めると10万円は超えてきてしまって新車購入価格を押し上げてしまいます。

一般に純正のナビは高いというイメージですが、これは取り付け工賃などが組み込まれているため高くなっていることが多いです。

カー用品店などではナビゲーションの取り付けに2万~3万円程の工賃がかかるため、事前に購入予定の車種で工賃はいくらかかりそうかをチェックしておくといいです。

一般的なコンパクトカーやファミリーカーであるミニバンなどは、ディーラーで独自にナビを選ぶようなスタイルになっています。以前は選択肢が少なかったナビゲーションも、ディーラーによっては複数のバリエーションを持たせているため、カタログはしっかり目を通すようにしましょう。

ナビゲーションは取得税の計算対象に入る

カーナビゲーションは、新車購入時の取得税の計算対象に組み込まれます。数千円ですが、ナビの有り無しによって税金がことなるのです。本当に細かく数字を詰める人は、あえて新車注文時にはナビゲーションを取り付けせず、後から購入するという考えの人もいるのです。

純正ナビは保証の長さと利便性の高さ

純正のナビゲーションの大きなメリットは、保証期間の長さです。一般には電気系統の部品と同じ保証期間が適用されるため、3年から5年程度の保証期間が設定されます。

一方でアフターパーツとしてのナビゲーションは、1年保証というケースが多い。独自に延長保証を設定しているメーカーやカー用品店もありますが、延長すればしたで値段は高くなっていきます。

そうそう壊れるものではないと言いつつも、電気製品ですからマイナートラブルはないとは言い切れないもの。故障が起きた際も、ディーラーへ持っていけるか、カー用品店に出向かねばならないかという修理の行き先の違いがあります。トラブルが起きた際の安心感は、やはり純正に軍配が上がります。

また利便性という点で、純正品の場合はステアリングにスイッチが設定されたり、メーターと連動して情報表示ができるなど、独自の機能が付けられることも多いです。

一部のナビゲーションは社外品でもステアリングスイッチを付けられるものもあります。ただし人気の車種などに限られるため、事前にラインナップを確認しておく必要がありますね。

人気車種は後付けナビの汎用性が高い

社外品のナビの利便性という話が出たので、少し補足をしておくと、最近の車のアフターパーツ市場の進歩には目を見張るものがあり、純正を上回るような機能が充実したものが増えてきています。

ナビゲーションは最たる例で、大画面が特徴のアルパインのビッグXや、高性能ナビで知られるカロッツェリアのサイバーナビなどは純正の機能を遥かに凌駕しています。

  • あくまでナビの機能は最低限でよく、保証や利便性を重視するなら純正品
  • 機能を求めるなら購入予定の車種の適合をよく見たうえで社外品

私は昔はナビにもこだわってサイバーナビやストラーダといったナビを付けていましたが、最近は純正でも十分という感じで少し落ち着いてしまいました。カタログなどに目をやると、すごい機能に後ろ髪引かれる気持ちはあるのですが、生きていれば考え方も変わりますからね。

重視する部分と、妥協できる部分をよく考えてナビ選びもしていきましょう。

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク