オートマが滑るってどういう状態?加速時のもたつき症状

オートマ車に乗っていて、アクセルを踏んでもエンジンの回転ばかりが上昇して、加速がいつもよりも鈍いという経験はないでしょうか。

車によって特性の違いはありますが、普段乗っていて違いが分かるほどに発進加速が鈍くなった場合は、オートマチックが滑っている可能性が高いです。

オートマチックの滑りの症状とは

オートマチックが滑って加速しないとはどいうような状況なのか?

単純には、エンジンのパワーがオートマチックのギアに正常に伝わらず、エンジンの回転だけが上がってしまう状況を言います。

まずオートマチックの簡単な原理を解説すると、オートマチックはオイルの力でエンジンの力を伝達しています。トルクコンバーターという部品を使い、入っているオートマオイルに圧力をかけることで、エンジンの回転力をオートマのギアに伝えています。

しかし、トルクコンバーターの圧力が正常に上がらず、パワーの伝達が悪くなることがあります。これが滑りの原因であり、加速が著しく悪くなるため燃費も悪化して最悪は走行できなくなってしまいます。

発進時など負荷がかかる状況で起こりやすい

オートマの滑りは発進加速など負荷がかかる状況で起こります。

瞬間的に強い負荷が必要なとき、パワーが伝わらずに、まるでスリップしているかのように前に進んでくれません。特にオートマチックはある程度温まることで、パワー伝達の効率が良くなるために、朝一番などに出かけるときに滑りが起こりやすいです。

走り出せば普通に走るのに、加速の時にもたつく場合には滑りを疑って点検をしてもらうべきです。

走行距離が多い車・年式の古い車は注意

走行距離が多い中古車や、年式が5年以上経過した中古車を買うような場合には、オートマチックの滑りがないかを買う前にチェックしておきたいところです。

トルクコンバーターは常に高い圧力を維持しつつエンジンの力を伝えている部品ですので、常に苛酷に使用されています。意外と早い段階(5年とか5万キロ程度)でも滑りが発生することがあるので、故障の頻度としては個体差が大きな症状の一つ。

いざ修理しようとすると、20万円から、車種によっては100万円近い費用が発生する場合もあるため、エンジンの故障と同じくらいに費用の掛かるもの。中古車の購入や販売サイドにおいても、最もトラブルが多いのがオートマチックの故障によるものなのです。

滑りは特にエンジンを始動した直後の冷えているときに発生しやすいため、距離を走った中古車を買う場合は、短距離でもいいのでできるだけ動かしてみることをおすすめします。

ATオイルを交換しても滑りは改善しにくい

オートマチックが滑りだしたら、オートマのオイルを交換してあげれば直るのではないか?とも思いますが、オイルを変えただけでは滑りは直らないのです。

構造上のパワー伝達しているトルクコンバーターの異常であるため、オイルを変えても圧力の数値が改善することは稀。

トルクコンバーターの性能を維持するために、オートマオイルに交換時期が指定されている場合には、ケチらずに定期的に変えるようにしていきましょう。

CVTでも構造上は滑りは起こりうる理由

最近は、単純にオートマチック車と言っても、CVTという無段階変速機を採用した車種も増えています。CVTは変則のショックがなく、燃費の向上に優れた性質を持っていますが、CVTでもオートマの滑りは発生する車もあります。

ギアの仕組みは異なりますが、エンジンのパワーを伝達するためのトルクコンバーターという仕組みは同じように使っているものもあるため、滑ってパワー伝達がうまく行かなくなる車種もあります。

オートマの滑りは急にスリップしたように走らなくなるので、いつもの調子で出かけようとすると本当に焦るものです。こうした場合はいつも以上に慎重なアクセル操作をして、ゆっくりとエンジンを回しつつ早めにディーラで点検を受けるようにしましょう。

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク