車のフロントガラスに入ったヒビ・亀裂は修理できないし車検も通らない

フロントガラスにヒビが入ってしまった。これは修理にどれくらいお金がかかるの??

走行中の車が跳ねた飛び石などで、ガラスにヒビが入って、ひどいと亀裂になってしまうことがあります。

5ミリ程度の小さな傷程度ならばガラスリペアが可能ですが、写真のように亀裂状の傷が入ってしまったものは修復そのものができず、ガラスの交換をしなければならないです。

ガラスの傷はそのままでは車検も受けられないため、交換が必要となり大きな出費となるのを覚悟しておかなければなりません。

車のフロントガラスの大きな傷はなぜ修復できない?

車のフロントガラスは、合わせガラスになっているため、傷がついても小さなものなら修復が可能になっています。しかし、一般的なプロの修復方法では、大きな線傷は直すことができずに交換が必要になります。

車のフロントガラス傷の修復は、傷でできた亀裂や穴に、修復剤を圧入していく方法がとられます。傷跡が目立たず、安全性にも影響がないように修理するために、ガラスに着いた傷穴に接着液を圧入していくのです。

この時、強い圧力で液を入れていくため、線のように伸びた亀裂の場合は、傷が広がって割れてしまう可能性が高くなるためです。

傷を見つけたら悪化する前に早めに修理依頼を

フロントガラスに傷を見つけたら、放置して乗り続けずできる限り早く直すこと

車の走行中による振動や、風などの圧力を受けることで傷が広がる可能性があります。

元々直せる大きさの傷であっても、時間がたつにつれて修復ができなくなり、ガラス交換をせざるを得ない状況になることも。

写真の傷も、もともとは傷の上の方だけに着いた飛び石傷でしたが、しばらく放置して乗り続けた結果、ガラスの端まで傷が伸びて広がってしまいました

ここまできたら交換以外に手段がなく、保険も使わなかったために7万円の出費となってしまったのです。

亀裂がある場合には、走行中の破損の恐れがあることと、視界を妨げる可能性もあるため車検検査には通りません。車検を受けるときに傷がある場合には、修復か交換の作業を終えてからでないと検査をすることができないのです。

ガラス傷を放置して乗り続けるという人は少ないかもしれませんが、フロントガラスにおかしな点が見つかれば傷ではないかチェックする癖をつけるようにしたいです。

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク