ステップワゴンからフリードに燃費を考えて乗り換え

ホンダのステップワゴンから、同じメーカーのフリードに乗り換えた方の体験談寄稿です。

同じミニバンタイプの車ですが、なぜダウンサイジングしてフリードに乗り換えたのか?ポイントは、小型車ならではの燃費性能と、十分に広く子供を載せても使える車内空間に妥協できた点にありました。

スポンサーリンク

ステップワゴンに乗ってよかった点

私はホンダのステップワゴンに乗っていましたが、今回、同じホンダのフリードに乗り換えました。

以前乗っていたステップワゴンは、子供が生まれたタイミングで購入しました。ステップワゴンを購入するまでは、背の低いセダンに乗っていて、赤ちゃんを乗せたり下ろしたりチャイルドシートに載せるのが大変でした。中腰になって、丸々ぽっちゃりさんになって重たい赤ちゃんを抱っこするのが非常に大変だったため、車を買い替え、ステップワゴンにしました。

ステップワゴンは背が高いので、中腰になる必要がなく、僕たち夫婦にとって非常に優しい車でした。背が高いだけじゃなく、車内が広いので、少し大きくなった子供たちは横になって寝たりできるのが良かったです。

また、子供が少し大きくなって、自分でドアの開け閉めをして車への乗り降りをするようになってからは、スライドドアが大活躍でした。たまに助手席に乗ると、ドアを開けるときに、隣の車とぶつからないか非常に心配になります。スライドドアは隣の車にあたる心配がないし、運転席で開閉できるのでとても安心感がありました。

フリードに乗り換えたきっかけ

非常に気に入っていたステップワゴンですが、1点だけ僕たちにとっては優しくないことがありました。それは燃費の悪さです。

約10年前の型なので今はもう燃費も改善していると思いますが、当時のステップワゴンは街乗りが多かった僕たちにとっては燃費が悪いのが非常に残念でした。

新しい車のチラシを見るたびに最近の車の 燃費良さが目に付きました。そんな中、2017年6月の車検が迫ってきたある日、ステップワゴンがガードレールに接触し、とびらの外側が外れてしまう事故を起こしてしまいました。

それはまさに扉の外側がまるまるごそっと取れてしまい、そのままでは運転があぶない状況で、ディーラーに連絡し、搬送をしてもらわなければならないほどでした。もう10年近くのっていて事故も無かったため、まさかこのような事故にあってしまうとは想像もせず、車両保険にはいっていなかったため、修理は自腹でした。

ディーラーにはざくっと20万円位かかるとの説明を受けました。2ヶ月すれば車検なので合わせると40万円を超えてしまうとの見積をもらい愕然としました。

当初は、もう一回車検を受けて次の車検 のときに買い替えを考えていたのですが、このタイミングで40万円。燃費いい車が欲しいと思っていたのもあり、ほとんど悩む余地はなく、新車を買いなおすことになりました。

他に比較した車はフリードとトヨタシエンタ

新しい車をさがすにあたり、

  • 燃費がよくなること
  • 故障のリスク回避のためハイブリッドにはしない
  • 国内メーカー社製

という条件としました。

また、ステップワゴンは車内が広いのが良かったのですが、家族4人が乗る、友達を含めたとしても子供を含めて6人であれば、そこまで広くなくても良い、燃費と価格重視にしました。

その結果、ホンダのフリードとトヨタのシエンタが最終的に候補として残りました。どちらもちょうどいいサイズですし、燃費もいい。おまけに後ろはスライドドア なので、僕たちの希望を満たしていました。

結局、チラシのレベルではその2台で決めきれず、どちらも試乗をさせてもらうことにしました。といっても運転にあまりこだわりがあるわけではなかったので運転した結果もどちらもこれまで乗っていたステップワゴンに比べたらはるかに運転しやすいし、どちらもいいなぁという結論になりました。僕では結論がでたけどどちらか決めることはできませんでした。

最終的な決め手は家族が満足してくれた

そんな2台を最終的に決めたのは奥さんと子供たちです。3列目に座る子供たちに実際に座ってもらってどちらがいいかを聞いたところ、フリードの方が座りやすいし、スペースが少し広いとの感想がでてきました。また、デザインも刷新されていて見た目はフリー ドの方が良いとのことでした。

僕自身は正直にいって、どちらでも良いという状況だったので、家族で相談して、まずはフリードの価格交渉をしてみて、金額に差がでなければ、フリードにしようということになりました。

元々、ホンダの車に乗っていたので、ステップワゴンを購入したディーラーに安くして欲しいオーラを全開にして家族でお店に向かいました。

最初はなかなか厳しい交渉になりましたが、価格交渉とオプションを外すことで予定していた金額まで下げてもらうことができ、フリードを購入しました。

実際に買い換えて今はどうなのか

車を買い替えて3ヶ月がたちますが、まず鍵を指さなくてもドアを開閉したり、エンジンをかけたりするのがとてもありがたいです。これ が赤ちゃんのがいるときについていたらもっと喜びは大きかったでしょう。

大きさもCMで歌われているとおり、ちょうどいいサイズで、燃費もいいし非常に満足です。ホンダのセンシング技術というのが取り入れられているのですが、指示器なしに車線をはみ出しそうになるとハンドルがブルブル震えるし、衝突防止機能(これはまだ未経験)もあるそうなので子供をのせている身としては安心です。色もきれいなエメラルドグリーンで子供たちも大喜びで乗っています。

管理人も子供が生まれて以来ミニバンセレナを乗っていましたが、フルに乗車して使う状況はあまりなく、もうワンサイズコンパクトでも十分かと思うような状況はいくつかありました。大は小を兼ねるとは言いますが、実際乗ってみるとまた違った悩みも出てきます。固定観念にとらわれずに満足できる車選びをしていきたいですね。
車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク