アクアからエスクァイアに乗り換えた理由と購入後の感想

3年前までは、トヨタ車のアクアを乗っていました。しかし、家族が増えたので5人乗りの車に家族全員が乗ることができなくなってしまったのです。その時はまだ買い換えるつもりもありませんでした。

現在はエスクァイアに乗り換えしたことによって家族全員で遠出することができるようになりました。

そもそも乗り換えるつもりのなかった私がなぜ、アクアからエスクァイヤに乗り換えしたのか?について紹介していきます。

スポンサーリンク

アクアを購入したときに気に入っていたところ

アクアを購入した時はまだ、5人家族でした。アクアはハイブリッドなのでガソリンも満タンに一度すれば、2週間~3週間ほど入れなくても大丈夫でした。この時は通勤時と近くのスーパーに買い物に行くときだけ使用していました。

アクアを購入するきっかけとなったのは試乗です。静かな走りだし、ハイブリッドで低燃費なのでまさに街乗りするにはとても適していました。

燃費とハイブリッドならではの静粛性は日常使いで助かった

実際に乗っていても、エンジン音は静かでしたし、遠出するときも100キロの距離を往復したときもガソリンが半分ほど減るだけでとても満足していました。

このときは全く乗り換えるつもりもありませんでしたし、ローンも残っていたので乗り換えには後ろ向きでした。

エスクァイアに乗り換え・買い替えしようとしたきっかけ

しかし、我が家に子供が1人生まれました。アクア以外に軽自動車を所有していましたが軽自動車は4人乗りなので6人は乗ることが出来ません。アクアも手狭になり定員オーバーです。

どこかに家族に出かけるというときに車2台で行けばガソリン代もかかってしまいます。

この時、乗り換えという言葉が頭をよぎりました。それから、ディーラーに試乗に行ったり、中古車ショップに行ったりもしました。

エスクァイアと比較した車種

最終的にはミニバンにしよう!というところまで決まっていました。

しかし、ミニバンと言っても種類がたくさんあります。トヨタ車のノア、ヴォクシー、アルファードなどです。我が家ではトヨタ車以外の車は乗ったことがないので、トヨタ車以外の選択肢はありませんでした。

どのような点を比較したのか?というところを少し紹介していきます。

・ノア、ヴォクシー

<検討した理由>
ノアもヴォクシーも名前とテールの形が違っているだけであとの形はほとんど同じです。
中古車としてもノアやヴォクシーなど在庫がたくさんあり、金額的にも安いものがありました。

さらに、8人乗りだったのでチャイルドシートを1つ置いて座席を2つ分使用してしまったとしても残り6人乗ることができるのでノアかヴォクシーでいいかな?と思いました。

<迷ったポイント>

迷ったポイントとしてはやはり、安さです。エスクァイヤ当初まだ発売されたばかりで中古車として販売されていたとしても新車と同じような金額でした。

しかし、それに比べてノアやヴォクシーは人気車種で中古車としても種類がありましたし、グレードが低いものであれば安く購入することもできたので悩んでいました。

・アルファード

<検討した理由>
アルファードは長年の憧れでもありました。また、車内もとても広く、子供たちが乗ってもゆとりをもって座ることができます。そして、これもまた人気車種だったので中古車としてもたくさんありました。

<迷ったポイント>
なぜ、迷ったのか?というとアルファードはハイブリッドのものもあります。また、グレードや排気量によってはガソリン車とハイオク車があるので選ぶ幅がとても広いということが一番のポイントでした。

しかし、ハイオクではガソリンの料金が高くなってしまいますし、一番迷ったポイントとしては車庫に入らないということでした。アルファードは幅も広く、高さもあるので我が家の車庫には入りきらないのです。それでも家の庭に置いたらいいのでは?と格闘しました。

エスクァイヤとこの2つでとても迷いました。

やはり、車を購入するというのはとても簡単なことではありませんし、一生に一度の大きい買い物になるかもしれないので迷うのは当然と思っていたので苦ではありませんでした。

維持費と丁度よい車格で決めたのがエスクァイヤでした。

なぜ、ここまで悩みに悩んだ私がエスクァイヤに決めたのか?というのがみなさんは気になるところでしょう。

アルファードは家族とも相談しましたが結果的に車庫に入らない、維持費が高いということで諦めることになりました。

後残るはノア、ヴォクシーですが、高級感が私にとっては満足することができませんでした。

もちろん、グレードを上げることによってシートを革にすることが出来たり、ハイブリッドにできたりと方法はありました。

しかし、私はエスクァイヤを選びました。

なぜなのか?というと、ノアやヴォクシーにはない機能があるからです。

アルファードが欲しかった私にとっては少しでもアルファードに近づけたかった!

エスクァイヤにはエレクトロシフトマチックというパーキングに入れるときにNに入れてからPボタンを押すとパーキングになるという最新式の機能がありました。

それがとてもかっこよかった!

さらに、ハイブリッドにしました。それは燃費が10L/kmも違うんです。エスクァイヤのガソリン車の場合は12L/kmくらいですが、ハイブリッドなら22L/km(実質走行)ということを知ってエスクァイヤのハイブリッドを選びました。

エスクァイヤに実際に乗ってみるとやはり、室内も高級感が全く違いました。

今では6人で遠出したり、私は通勤のときに使っています。エスクァイヤは100キロ往復した場合でも半分までガソリンが切ることはありません。燃費も良く、かっこよさも抜群です。このとき、乗り換えてよかったと思いました。

中途半端な車格という意見も耳にしましたが、やはり実際に乗ってみるとノアボクシーとの違いを感じられて、個人的にはとても満足のいく買い替えができたと思っています。

車を買い替えるとき見て欲しい

車を売るとき損しないための記事

車の一括査定ってサイトごとに違いはある?目的で異なる選び方
車を高く売るために、ネットで車の一括査定を活用してみようと思ったとき、いざ調べてみると色々なサイトがあって迷うと思います。

有名で…

一括査定ではない!電話営業が嫌・苦手な人向けの車の査定サイト
車を売りたいけど、電話の営業が激しすぎてうざい!一度でも利用したなら、営業電話の激しさに閉口した人も多いと思います。しかし、電話のやり取りが1社の窓口だけですんだり、とりあえず相場を見るだけという使い方ができるサイトもあるのでまとめてみました

新車を買うとき得する秘蔵ネタ

新車の最大値引き額を決算月以外でも引き出すヤバイ商談方法
新車を買うなら決算の3月が良い!とは言うものの、決算以外では大きな値引きはできないの?という人のために、ディーラー営業マンが明かす新車で高額値引きを勝ち取るための考え方と、マル秘交渉テクニックを伝授いたします。
新車買うときに失敗しない「営業担当」選び!営業スタッフのココを見ろ
車を購入する、特に新車を買うときに失敗しないために、どんな営業担当であれば安心して車を任せられるのでしょうか?新車を買うときに切っても切れないのが、ディーラーの営業スタッフで自分の担当になってくれる人です。車は普通に商品を買うのと違い、購入後の手続きをしたり、メンテナンスなどのサポートをしてくれる営業スタッフの存在が不可欠です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク